シンバイオシス

開演前に少し悩んだのですが、終演後に即決(笑)
なに、この名盤!演奏が素晴らしい!!
もっと売れてもいいのに…そう、ライヴも圧巻だった。音の竜巻の中で飲み込まれないよう気をつけつつ(笑)素晴らしい演奏に巻き込まれる気持ちよさったら!

   うら
   
とにかくテンポが速い…2曲目に収録されている think about you を聞いていただくと、そのスピード感がわかるのではないかと。^^
尺は4分近くあるんだけど、あんまりのビュンビュンさに1分くらいなんちゃうか?感(違)

まさに怒涛の勢いで、彼らの音楽を聴いた後はリズム感覚が狂う(笑)
全14曲入り、約1時間たっぷり収録されているのですが、とにかく速いのでそんな感じがしない。一気にたたみかけて、あっという間に終わってしまう。とはいえ、しっかりバラードも挟んであって…激しさから一転、それこそまるで昼夜がひっくり返ったくらい一転するのですが、それでも不思議とスッと入ってくるんです。
そんな緩急の激しいアルバムの最後を飾るのが the day、名曲です。
最後の最後、辻村さんの地声と春奈ちゃんの高音の絡みが清々しさすら与え、アルバム最後にふさわしい1曲。

コチラ で試聴できます。
ただ、頭から45秒っていうのが微妙なんですけどね

続きを読む

スポンサーサイト

ねこ歩き

最終日の23日には岩合さんのトーク・ショー&サイン会が予定されていたので行きました。

どこの会場も岩合さんが来られる日は大混乱している様子だったので、私も早目に行きました。
イベントは2回あって、私が行ったのは1回目の方で11時からでした。
とりあえず見る場所を確保しないと…と10時の開店、15分ほど前に着くと既に列が…ちょっと、まさか?!

会場は6階だったのですが、もう開店したら皆さん6階へまっしぐら!!
そして6階は6階で私が辿り着いた時には既にごった返していました(笑)
あまりの大混乱に急きょイベント場所が変更というハプニングが(笑)

   看板

岩合さんは、ほんの数日前に帰国されたばかりとのことでしたが、テレビで見るまんまの穏やかな人柄でした。^^
この後も、また出国されるとお話しされていました…束の間の日本でも、こうやって地方を飛び回って、まさに休む間もなさそう!

相当数の猫さんをご覧になられているので、もう見るだけでオス・メスがわかるそう…すげぇ!!
撮影スタッフさんが準備をしている間に猫さんが岩合さんに寄ってきて、撮影を逃した瞬間もあるそう。
また、番組についても、まさかこんなに続けられるとは思ってなかったそう。まぁ…動物ではなく猫に特化した、偏ったといえば偏った番組ですが。。。
どこだったか、どこかの国へ撮影に行きたいそうですが、ちょっと危険地域なので許可が出ない、と言われていました

岩合さんに引き寄せられる猫さんたち同様(?!)、岩合さんの話を夢中で聞いている私たち…(笑)
きっと岩合さんから引き寄せる何か不思議な力が出ているのではないかと思われました。^^

明星聊很開

りんごチャンネルに威廉と一緒に出たケンジくん、コチラ
終始とても楽しそうです、ほとんど威廉が喋っていますが(笑)
相変わらず結婚の話がぶつけられ…だーかーら!ケンジくんは結婚しない主義なんだってば!!しつこいな(笑)

   ズバッ

威廉が自信満々で現場の記者さんにお尻のカチカチ具合を確認してもらう場面があるのですが、その時のケンジくんの表情が!(笑)
ケンジくん、脱がない公約をしてから、ホント脱がなくなって良かったわ~
一時は脱ぎまくって、そういう路線を目指すのかとヒヤヒヤしたもんです…


続きを読む

HAPPY BIRTHDAY!

HAPPY BIRTHDAY, DERRICK!

   デリック

デリックも遂に三十路に突入です。
あんなに可愛かったデリックが…さんじゅうぅー?!
私の中では23~24くらいのイメージなんだけど…と軽く驚きつつ、よく考えればデリックを知ってから早7年ばかし。時止まってるんかい、私(笑)

これからも焦らず、マイペースで頑張って欲しいです。
着々と新譜の準備も進んでいるようで、どんな作品になっているのか楽しみ。^^

To A Friend

ゾロ目リリース、9月はシングル第8弾、To A Friend
今までの楽曲からガラッと変わり、低めの音で、しっとりした今回の曲を書いたのはアンドレさん。
きっと私が気に入った、あの納豆の歌(違)も、こうやってバンド音にアレンジされると、こんな風になるんだろうな~

淡々と寂しい空気が流れているんだけど、ブリッジではスッと光が差し込むような温かさが、ふんわりと音を広げるような感覚。でも、またすぐに淡々とした寂しい感じに戻っちゃうんだけど。
琴線に触れるような、少し肌寒い季節に聴くと心に沁み込むようで、あんまり繰り返し聴いていると言葉を理解していなくても、なんだか涙腺が緩む感じです。

ほぼアンドレさんが歌われていて、T.D.さんはほぼコーラス。
低めの落ち着いた楽曲だから、アンドレさんの声の方が、しっくりくる。でもT.D.さんの声が入ることによって、なんだろな、より広がりがあるような。

ピアノがメインに入ってるんだけど、低い音の荒っぽさが気になるわ。
逆にドラム音の方が優しく聞こえる(笑)
T.D.さんが「アコギでしっとり系」と書かれていたのを見て、あ…そう言われるとアコギだわ(気づいてないんかい!)
なんかアコギの存在が薄かった…がっつり入ってるパートあるのに、なんか気づかなかった(汗)
というか、多分あんまりにも曲と同化していて気づかなかった(笑)

今までバラードというと「LOOP」に入っている Repeating Cycle くらいしかないけど、これはロックバラードなので「しっとり」には程遠い。
「To A Friend」はホントしっとり…ただ、これだけ落ち着いた楽曲だと好みがハッキリと分かれそう。
というか、どちらかというと不評なのかな…と再生回数を見ると感じます。今までが結構ガンガン攻め系(て、なに(笑)だったから余計に、え?なにこれ?て感が強いのかも。

私は好きですけどね…特に最後の「youth」のth音が!(そこ?(笑)
切なさ満載で最後の吐き捨てるようなth音が悪質な良さ…そう!宇中さんが好きな人はコレ好きだと思うわ(違)

うどんフェス’15

第1回となる、うどんフェスにリョータくんが出るというので行きました。^^
第1回ということで、リョータくんも「光栄です」と言ってたと思います。
どういう経緯からリョータくんにオファーがきたのか謎ですが。。。

   パンフ

当日、雲行きは怪しかったので雨具を持たれている方が多かったです。
しかし!リョータくんは晴れ男
今回も期待を裏切ることなく見事な快晴でした。^^
いやぁ…しかし暑かったです(笑)

ホントは屋根があったらしいのですが、台風で飛ばされたそう…
言われないとわかりませんでした、木の枠組みだけなんだと思っていました。(2枚目の写真参照)
とにかく会場が飛ばされなくて良かったです。。。

主催者?は高松ご出身の小倉さん。
最初にフェスの責任者の方が挨拶に立たれたのですが、小倉さんが全て仕切られたそう。^^
小倉さんいわく「うどんフェス…うどんを冠するということは本気ですよ」
他県民にはピンときませんでしたが、香川県民にとって「うどん」を冠するということは大変なことのようです。

続きを読む

‪長假

なんか忘れてるなぁ…あ!(思い出した)

   ほん

ニコラスくん、3年ぶりに表舞台へ戻ってきました!
そして出したのは、なんと

本!!!

ただの本ではなく3曲入りEP付き。
これが結構、驚きのお値段…もとい、なかなか強気のお値段…もとい(以下、略)

続きを読む

Caution!
文中の訳は大雑把な意訳です。中文ど素人の人間が書いていますので大目に見ていただけると幸いです。また誤りを発見次第、遠慮なくご指摘くださいませ!速やかに訂正します(他力本願)
プロフィール

Yuzue.

Author:Yuzue.

広く浅く部分的に深く、かなりミーハーな愛猫家の音楽好きでブログの片隅にて自己満足の世界を築き上げるインドア派の岡山県民。

gremz
ブログ内検索
最近のコメント
リンク
カテゴリ
何維健(デリック・ホー)
応援コミュニティ@mixi
ばなー
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ネコ温度計
月別アーカイブ