Leading Ship

ツアーが始まって2公演目の広島に行きました。^^

整理番号が早かったので運良く最前列を陣取れました。おっくんの真ん前くらい、というか、いつもおっくんの前のような気がする(笑)
杉くんを背中から見たので手元もよく見えました。^^
逆に、べーちゃんは反対側になるので、あんまり見えなかった…というか、あんまり見なかった(爆)
この日は、べーちゃんのご両親も来られていたそう。^^

   看板

前回のツアーも十分よかったと思っていましたが、まだまだ磨きかかってて。^^
元々、演奏はしっかりしていたのですが、どんどんレベルアップしてきて、なんだろ、音に厚みと落ち着きと輝きが出てきた感じ。^^
見終わった後に思ったのは、まだまだのびるし、もっともっと素晴らしいステージ・パフォーマンスを見せてくれるだろう、て期待感が大きいコト。
杉くんの自信に満ちた「僕らの音楽で絶対に皆を幸せにする自信がある」に偽りなしね

ロンドン留学から帰ってきて、やっぱり音が少し変わった感じがしました。
悪い意味ではなく、素敵なエッセンスが加わって、ちょっとオシャレになった感じ。

   グッズ

今回のツアーのロゴマークが可愛くって、つい買ってしまいました。。。
でもバッグが思ったより、しっかりしてて、こりゃ長く使えそうだ。^^

んーと、まだツアー中なので、ざっくりと。

ホールとライブハウスが混在するツアー。
彼らのパフォーマンスはハコ向きだと思うけど、やっぱり大きなホールとかでもやりたいみたい。でも、うっかり本音が出たのか「やっぱりライブハウスいいね~!」と(笑)
しかし、さすがリーダー、すかさず「ホールにはホールの、ライブハウスにはライブハウスの良さがあるよね」とフォローしました。^^

今回も、いろんなことやってましたね~
アレンジも面白かったり…いや、ホントすごかったわ。^^

MCではベスト・アルバムに引っかけて、ベスト・メモリーを語りました。

最初に、べーちゃんだったかな。
広島のお好み焼きはキャベツがいっぱい入っていて、おなかに優しい、という話なんだけど、おっくんが大阪のと何が違うのん?と。会場から麺が挙がると「それってモダン焼き言うんちゃうのん?」
それに会場の雰囲気が「?!」となったらしく、おっくん「あ、なんかやばい」と自ら話を締めました。

続いて杉くんは「広島はなんかあるイメージがある」
いつだったか歌詞が飛んで鼻歌で歌った、と鼻歌を再現してたけど…あの時、鼻歌なんか歌ってなかったで(笑)
「あ、そうや、NEVERLANDや」と曲を思い出した模様。うん、そうだね、でも鼻歌は…(以下、略)

更に、おっくんがステージから落ちたという。
え?そんなことあったっけ??
おっくんも、おっくんで「そやね」と話を続けてるし…昔の話なのかな?と思いましたが、おっくん落下事件は、どうやら米子であった事件のようです(笑)

で、この日の杉くんは…もちろんハデな歌詞飛びに「ライヴならでは(笑)」と笑ってごまかしていました。^^
更に間違えてニヤニヤ~(笑)
「ライヴは何があるかわからない」と(笑)

おっくんはスタッフさんがぎっくり腰になったのが、おかしかったみたい。で、おっくんが再現してくれたんだけど、それがまた、めっちゃおかし~の!(笑)
もう会場、大爆笑でした。^^

そしてアンコール。

おっくんがニヤニヤ勢いよく出てきて「みんな、なんか歌い忘れてへん?」
?な空気が流れる会場に、おっくんがたたみかけました。なにか大事な歌を歌ってないのではないか?と。
どうゆうこと?と思っていると杉くんと、べーちゃんも出てきて今度はべーちゃんが「もう焦ったわー。トキドキセカイの後、よーし、もう1発やるぞ!て思うてたのに、いきなり喋り出して!」と、まくしたてて。

ホントはトキドキセカイの後に僕らの永遠をやるはずだったのを、杉くんがスッ飛ばした模様(笑)
歌詞忘れどころか、歌を忘れるとは…大物やね、杉くん(笑)

おっくんは「オレなんか次の曲のチューニングに忙しかったわ!」
あ~、それで!
おっくんがベースを替えたばっかりなのにニヤニヤしながらチューニングしている場面があって、あれ?て思ったの。あの時か~。^^

おっくんと、べーちゃんからニヤニヤしながら「ライヴは何が起こるかわからへんな」と交互に言われた、杉くんは「その話やめようや…やめて」と懇願?
最後にはステージ後ろの方に隠れていました。可愛い。^^

で、杉くんは「でもアンコールは1曲しかやらないのに2曲聴けんねんで」と開き直ったものの、すかさずおっくんから「本編が1曲少ないんやけどな」と突っ込みが入りました。^^

というワケで(笑)アンコールは忘れられていた「僕らの永遠」から始まりました。^^

途中、杉くんがハンドマイクで歩く場面がありました。
その時、こちらに来たんですけど、最前列の柵に細い足をドンッ!とのせて身を乗り出してきたのにはビックリしました。
周囲は驚いてだと思いますが、一瞬、引いてた(笑)

これは杉くんなりのサービスなのではないかと思います。^^
というのも「みんな地元の人なの?」から「どこから?」にコニーさんが「香港!香港!」と叫んだんです。これに杉くんが「オ!」とハッキリこっちを見たので、気づいたな、と思いました。
足ドンッ!があったのは、その後。ちゃんとコニーさんの隣でした。^^
コニーさんは「ドキドキ!」と、かなり興奮なさっていたので、いい思い出ができて良かったなぁ、と思うのと同時に、杉くんありがとう、と思った私なのでした。^^

にしても、ホンマめっちゃほっそーーーい足でした(羨)

スポンサーサイト

コメント

Secret

Caution!
文中の訳は大雑把な意訳です。中文ど素人の人間が書いていますので大目に見ていただけると幸いです。また誤りを発見次第、遠慮なくご指摘くださいませ!速やかに訂正します(他力本願)
プロフィール

Yuzue.

Author:Yuzue.

広く浅く部分的に深く、かなりミーハーな愛猫家の音楽好きでブログの片隅にて自己満足の世界を築き上げるインドア派の岡山県民。

gremz
ブログ内検索
最近のコメント
リンク
カテゴリ
何維健(デリック・ホー)
応援コミュニティ@mixi
ばなー
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ネコ温度計
月別アーカイブ