続・SW2014 I'm Your Boy

ホールだから、今までアリーナで見たようなハデなパフォーマンスは全く期待していませんでした。やっぱりスペースの関係で無理だと思ってたから。

ところが!

いざ約5分押しで始まってみると、空間を最大限に使ってセットを組み、彼らも全力でのパフォーマンスで約2時間30分ぶっちぎりで狭いステージを駆け抜けていきました。
スクリーンもライトもLEDで、とっても綺麗でした。ホントに美しい輝きが、まさに輝く彼らにピッタリ。^^

いやはや、すごかったです…ま、いろいろと含め(笑)

   本日の

私は1階席で、後ろに壁という位置の席だったのですが(笑)キャパが小さいので、ぼんやりながらもメンバーの顔が見えるんです…ですけど、最後までオニュとキーくんの見分けがつかなかった(笑)
というのもデコだしがオニュとキーくんとミノだったんです。ミノは背が高いのでわかるんですけど、2人が遠目には似て見えて。

ヒョン様が「今日みんなすごいね!」とニコニコしながら、やや驚き気味に客席を見渡していました(笑)
またヒョン様いわく、バンドの皆様も演奏がいつもよりすごかったそうです。^^
この日のヒョン様は絶好調とお見受けしました。抜群の歌唱力を惜しみなく、かつダンスもまさにキレッキレッでございました。^^

オニュが最初の挨拶をした時だったかな?すごい自然な日本語だったんです。それにヒョン様が「日本語、上手ですね!」と言うとオニュもニッコリして「自分でもビックリした(笑)」に大ウケのヒョン様でした。^^
とはいえ1番よく喋ったのはキーくん。女子力の高い口調の自然なイントネーションで突っ込む突っ込む、さすが万能さんは違いますなぁ~(違)

途中、男性の掛け声がしてテミンが「なんか男の声が…」と繰り返すと、すかさずキーくんが「男じゃないでしょ、男性でしょ」と(笑)
それでもテミンはニタニタしながら「男どこですかー」とか言ってた…さすがだ、テミン(笑)
終始ニタニタしながらテミンはワケのわからないことを言って、4人の兄さんたち苦笑…(笑)
果てにはオニュまでワケのわからないことを言い出す始末(笑)
「き、き、きんちょーしてます!」というオニュの言葉を受けてミノがガチガチに緊張しているリアクションする隣でキーくんがミノを見ながら冷静に1言「こわいです」
オニュは、あんまり喋らなかったけど、ずっとキョロキョロと会場を見渡していました。^^

テミンといえば、ちょうどハロウィンが近かったのでパフォーマンス中にメンバーがハロウィンのコスプレをする場面がありました。
テミンは着ぐるみ、というかパジャマみたいな、すっぽり着るやつでガイコツだったかな?
最後は、その着ぐるみを脱ぎながらステージ後ろに歩いていたテミン。足元で服がもたついてコケたんです(笑)
それでも、えいえいと足で脱ぎ捨てていたテミンさんでした。^^

更に前後しますが、暑くなったらしくジャケットを脱いだテミン。それをキーくんに渡して、キーくんが「え、どうしよう?」と持っているとステージ脇でスタッフさんが、こっち~!と合図を送っていたのに気付いて投げていました。
ちなみにヒョン様も最後の方だったか、ジャケットを脱いだのですが、ちゃんと邪魔にならないよう後ろの方に投げていました。^^

そしてご当地グルメということで「きびだんご」
そこから、どうしたのか…というかテミンの謎なフリからヒョン様の腹痛話になり、ヒョン様が「イギリスはゴハンがおいしくないです」発言にキーくんがすかさず「ちょっとー、ダメだってー」と言うのを無視しているかのようなテミンが「水は?」に3人「は?」と言う中ミノだけが「みじゅ?」て話聞いてないんかい!という天然な会話を挟み(笑)キーくんが「うどん!うどん!」と言い出し…えぇ?うどんは香川だよ??
「ぶつ、ぶつ…あれ?みんな、怒ってる?」と言うキーくんの隣でミノがファンの声を拾って「ぶっかけ!」にキーくん「そう、それ!美味しかった~」とニッコリ。

なんだったかテミンの年の話になり、「21です」に会場から微妙な空気が流れたのは気のせいでしょうか(笑)
ずっとファンの人は感慨深いのでは…だって私ですら初めて見た時は、まだ未成年でしたからね。あー、テミンも成人したのか、と思いました(なにさま?)

ホールツアーは終わったからネタバレいいかな?(ダメだったらゴメンね!)

   ペンライト

近未来的なオープニング・ムービーから始まり、可動式の2枚板状なスクリーンが開くと中央から5人が出てきて私の好きな「365」からスタート。
5人が横一列に並んで踏むステップが角度まで完璧なまでに揃っていて、もう美しいレベル…なのですが、もう歓声がすごいうちに1曲が終わった感じでした(笑)

ロック・バラードから一瞬の暗転を挟んだ後にきたのは Sherlock
やるとは思ってたけど一切、手抜きなし。しかも、まだ2曲目だから5人の動きのキレが半端ない。さすがに動けるスペースが限られているので、ちまっとしたフォーメーションでしたが、サビではかなり前へせりだすような格好になるので前の方でご覧になった方は、かなりの迫力だったのではないかと思います。^^
とはいえ、やっぱり狭いのでミノがキーくんを飛び越える時はミノが少し前からキーくんの位置と着地スペースを何度か確認しているのがわかりました。で、また、かなり慎重にキーくんを飛び越えてた(笑)
かなり激しい動きをしながら、これ多分マジで歌ってたんじゃないかな…今回は、どこがマジで歌ってるのかわかりにくかった。
5人が横並びでの歌い上げるバラードやアコースティックはマジで歌ってたけど、ちょっと動きが加わると判断しにくい。そうでもない動きでも、あれ?これ口パクだ、というのもあったり(謎)
マジで歌っていたと思われるバラードはヒョン様とオニュの素晴らしい歌唱力が中心。オニュの方が声量あるので、バーンときます(意味不明)

今回はバンドによる生演奏。
オニュが「しゃばん、しゃばん」と言うのでヒョン様だったかな、「しゃいに~ばんどが「しゃばん」に聞こえるから」と補足。
で、ステージは横に奥に、がっつりセットが組まれているため縦に配置されたバンドの皆さまは、えらい上の方で演奏をされていました。客席から見て左にベースとドラム、右にギターとキーボードだったと思います。
階段があるのでメンバーも時折あがって、しゃばんの皆さまと楽しそうにしていました。
ストリングスなどの音もあったので生演奏+オケという格好だったのではないかと思いますが、さすがに生演奏を優先にして多少アレンジされた曲もありました。

やらないだろうな~、と思ってた私の大好きな Breaking News が、まさにそう!
元々はハデなアレンジの1曲なのですが、ロック系なアレンジになってて、すっごい良かった~!^^
で。
これマジで歌ってたんじゃないかな…というのもブリッジでのオニュの声がのびなかったの。アレンジ変えてるから歌うしかなかったのかな?こんな後半で、しかも激しい動きでかわいそうに…とか思ったり(違)
ホントに、あと数曲で終わるような終盤だったのですが、めっちゃキレがあって素晴らしいパフォーマンスでした。^^

途中3度、お着替えのための映像がありました。
可愛い路線の映像と最後は締めの映像らしくオープニングからの続きの映像でした。

2曲くらい韓国語の歌があったと思うんですが、Hitchhiking だったかな?
あと目隠ししたままパフォーマンスを始めた Evil は、いつ目隠しを取るんだろう?とヒヤヒヤ。さすがに少しメンバー同士が離れていましたが、目隠ししたままでもビシッと5人が揃うのは、すごかったです。うーん、さすがだ。。。

そして「Replay」だったかな、アコースティックで聴かせましたね。^^
メンバーと、しゃばんの皆さまが横一列に並んで素晴らしい演奏に素晴らしい歌声を会場に響かせました。^^
意外だったのは Fire
まさに美しいコーラスワークが会場いっぱいに広がりました。^^
あと「LUCIFER」はチホとも言っていたのですが初めて回っていないのを見ました(笑)

本編最後の後、どこからかザラザラした音が聞こえて…なんだ、この音?と思ったら袖にはけながら笑顔で手を振るヒョン様の上がっている息でした…お疲れさま

そしてアンコールでは、しれっとヒョン様が「アンコールはなかった」と言い出し(笑)
要約するとアンコールはあくまで予定なのでやるかどうか、わからない、と…それに対してキーくんが「そんなこと言う~?」
でもヒョン様は、ずっとそれを言ってきて実は「恥ずかしい」と笑っていました。^^

アンコールのあと、ミノが「皆さんの表情を見ていると…」と言葉につまった後、キーくんだったかな「いいこと言おうとしてる~!」と会場からの歓声を受けて、なぜか隣にいたテミンと見つめあいながら(笑)続けて「愛されていると実感します」と。
それにテミンもミノを見つめながら「僕もです」て2人の間に何が起こった?(笑)

最後は笑顔で手を振りながら袖にはけた5人でした…が。
テミンが裏からドラムの位置にあがったらしく、ニッコニコでドラムの前でポーズ。パシパシとドラムを叩いてニコニコと裏へはけていきました(笑)

余韻が長引いているわり、やっぱり1時間くらいで時計を見てしまった私なのでした(笑)

スポンサーサイト

コメント

Secret

Caution!
文中の訳は大雑把な意訳です。中文ど素人の人間が書いていますので大目に見ていただけると幸いです。また誤りを発見次第、遠慮なくご指摘くださいませ!速やかに訂正します(他力本願)
プロフィール

Yuzue.

Author:Yuzue.

広く浅く部分的に深く、かなりミーハーな愛猫家の音楽好きでブログの片隅にて自己満足の世界を築き上げるインドア派の岡山県民。

gremz
ブログ内検索
最近のコメント
リンク
カテゴリ
何維健(デリック・ホー)
応援コミュニティ@mixi
ばなー
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ネコ温度計
月別アーカイブ