Simon's Little Town

磯貝さんを見るのは実質3度目なんですけど…ほとんど見えてないからね、今まで(笑)
もう神戸の時なんて遠すぎて、かすんでたし(笑)
当日はシャウォルさんたちもチラホラいらしていたのではないかと思います。^^

CDなどを買ってから着席。
きっと皆さん、長いことファンの人なんだろうなぁ…とりあえずノリは前の人たちを見ながらついていこうっと!
そんなことを考えながら待っていると、お隣に来られた しなもんさん が優しく声をかけてくださって、ささやかに緊張していたのも和らぎました。^^
もぐり状態なので、始まるまで磯貝さんのことをいろいろと教えていただきました
秘かに気になってたことも知れて、とっても嬉しかったです。^^

   看板

5分ほど押して開演、ホントに器用な人でした。^^
私には馴染みない音の世界を今まで見たことのないようなパフォーマンスでMCも多く、3時間近く…ふぁ
楽しかったです、確かに楽しかった、ただライヴ後の高揚感が薄い…物足りない感もないけど。それでも次にお会いできるのは来月なのか…!
余韻はないけれど、また会いたいという不思議で複雑な感覚に、ちょっと消化に時間かかりました(笑)

ほぼアコギを持っての弾き語り、ちょいちょいキーボード。1曲だけエレキを使いましたが…この人のエレキ好きじゃないわ
優しい歌声がエレキに飲まれてる感じがして…それまでアコギとキーボードだったから余計にそう感じたのかも?

ステージ脇からニコニコとスタスタ歩いて出て来られた磯貝さん、かなり背が高そう!
青系のシャツにロールアップ・ジーンズが可愛い。^^
で、また足が長い!!
初めて肉眼で見る磯貝さんを観察(怪)している間にアコギを持たれて始まりました(笑)
更にハーモニカと、なんだろ、ブーブーなる笛みたいなのも装着されて、どんだけ装備するんだろう?と、わくわく(違)

たぶん、こんなセットリストだったかと
全曲きちんと紹介してくださったのですが…うろ覚えな記憶で記録。

   1) 告白の歌(AG)
   2) 唯一の才能(AG)
   3) low battery's song(AG)
   4) ハートマーク(AG)

ココまでアコギの弾き語り、いきなり知らない歌で焦りました(違)
アコギ1本なので、1曲終わるとチューニング、という展開なのですが、チューニングが早い。音の確認もされているんですけど早い、あっという間。

CDでは1言1言が粒だったような、なんか妙な歌い方をする人だな、という印象があったのですが、生歌は全然!
声量もあるんですけど、ズバッと真っ直ぐこないのは声が優しいからかな?^^
後半の方だったと思いますが、ものすごいロングトーンも披露。2回ほど、さほど間隔をあけずのロングトーン、素晴らしかったです。
ご本人は「測っておけばよかった」と言われていました(笑)

ホント、生歌を聴いた第一印象は「優しい声の人だな」でした。^^

ご本人も「かなり緊張している」と言われていましたが、あんまりそんな風には見えなかった。^^
このへんだったかな、2年半前にも同じ会場でライヴをしたそうで「その時は完売しなかったんですね、でも今日は完売で…ありがとうございます」に続き「その時、来てた人!」に半分ほどが挙手。それを見た磯貝さんは「半分くらい…?リアルに半分くらいですね(笑)」
2年半もあくと、その間に心変わりしたりなどありますね、といった話をされて「大丈夫、僕、ハート強いから(笑)」と言われていましたが、去る人もいれば私みたいに来る人もいますから。^^

いつもと雰囲気が違ったのかな?と思ったのが、ご自分の名前を「本名なんですけど」と説明されていたこと。
弾き語りだから位置が固定されて、あんまり端から端までの移動はできなかったけど、しっかり客席はご覧になられていたように見受けられました。
前の方は長年のファンの方のようでニッコリされていましたが、後ろの方はジーと見る感じだったので「初めて見る顔が多いな~」とか思いながら見てるのかな?と思ったり(笑)

   5) 初恋に捧ぐ歌(Pf)
   6) コインランドリー(Pf)
   7) CRAZY FOR YOU(Pf)

個人的に、この3曲部分が1番心に残りました
その前まで、アコギも悪くないな、と思いながら聴いていたのですが、やっぱりこの人のピアノ音に揺らいだのね、と確信を得た瞬間でした(笑)

「初恋に捧ぐ歌」のキーボード弾き語りには感動しました、なんてイイ歌なんだろう…!
優しい歌声から広がる、せつない世界は、まさにキーボードでの弾き語りがうってつけ。キーボードの弾き語りというシンプルさが、より楽曲の良さを引き立てたように感じられ、とても印象に残りました。^^

続いて「コインランドリー」はコインランドリーに通っていた時にできた歌なんだそう。^^
カップリング曲だそうで、それを今回のアコースティック・アルバムへ収録するにあたり「歌詞を少し書き足したら全く別の世界になった」と言われていました。
まだ、ひよっこファンなのでオリジナルがわかりませんが(大問題)書き足したと思われる部分はなんとなくわかるし、歌が終わった後の印象が随分と変わるな、という感じはしました。

そして「CRAZY FOR YOU」に大興奮!
バラードだった前2曲から一転!
激しいピアノプレイなのかどうかは、よく見えなかったけど(笑)音は、そんな激しい感じはしなかったな。
ココで笑撃を受けたのが最後の「ラーラーラ」の部分。
ガンガン弾きながら歌っていた磯貝さんが、いきなりメロディーをバーン!と引きながら立ち上がって叫んだんです。

「う~たって!!!」

お?いきなり命令?(笑)
なんだ、この展開?(笑)
おもろすぎる(違)

   8) ふるえない(AG)
   9) この映画館を出たら(AG)

「今日発売のアコースティック・アルバムから」演奏されたのが「ふるえない」
ラブソングばっかり書いているのではなく、好きと嫌いの間の微妙な世界観を説明されていました。なんとなくわかるけど、言葉で説明するとなると難しそうでした。
タイトルが印象的で、タイトルの音の響きが記憶に残ってしまいましたが(笑)いい感じには聴こえました。^^

続いて「ライヴでは何度も演奏してるんですけど」という曲で、ココで会場が元は映画館だった、という話をされていました。
どんな歌なのかな~?と思ったらですね…あんまり歌詞が好きな感じじゃなかった(笑)
CDで聴いても、これ苦手かも。。。

   10) divin'(G)

確か「divin'」だけ「せっかくエレキもあるので…」とエレキでの演奏となりました。
エレキでの演奏は、この1曲だけだったと思う。
なんか、この音スキじゃない…
何曲か続けてエレキでの演奏だったら、また印象が変わったかもしれないけどホント1曲だけだったので浮いた感が否めなかった。

このあたりだったかな…いきなり花粉症の話とか始めたの(笑)
「この緊張した空気に耐えられなかった…いつもの緩い感じになってきました!」と言われていましたが…レミオは、もっと緩いで(笑)

そうそう、MCはゆっくりした口調なんですけど「僕、素で喋る時は早口なんです」と、いきなり早口になって笑えた(違)

・・・つづく・・・

スポンサーサイト

コメント

Secret

Caution!
文中の訳は大雑把な意訳です。中文ど素人の人間が書いていますので大目に見ていただけると幸いです。また誤りを発見次第、遠慮なくご指摘くださいませ!速やかに訂正します(他力本願)
プロフィール

Yuzue.

Author:Yuzue.

広く浅く部分的に深く、かなりミーハーな愛猫家の音楽好きでブログの片隅にて自己満足の世界を築き上げるインドア派の岡山県民。

gremz
ブログ内検索
最近のコメント
リンク
カテゴリ
何維健(デリック・ホー)
応援コミュニティ@mixi
ばなー
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ネコ温度計
月別アーカイブ