ELECTRONIC HUMANITY

ISOGAIさんを見にZepp Nambaに行きました。^^

実はアルバム買ってないし、HPの試聴をちょろっと聴いた程度という非常にナメた態度で行ってしまいました(笑)
ま、なんとかなったんですけどね(オイ!)
キャリアある人たちばっかりなので安定かつ抜群のパフォーマンスだし、EDM色が強いのでノリいいし、全く知らずに来てしまっても十分楽しめるのではないかと思います。^^

会場の内外にポスターが、いっぱい貼ってあって1枚欲しかったです…きっと こう 加工して飾るんだと思いますが(痛)

      ポスター

8曲しか出していないので、2時間はやらないかもな、と思っていたのですが…想像をはるかに超えていました!!

公演時間70分ほど!!!

オイ、待てよ(笑)
他の方々も「短かいとは思ってたけど…」と苦笑気味に言われていました(笑)

今回かなり素敵な整理番号でしてね…外で延々と待たされ、ようやく中に入れたのは開演15分ほど前(笑)
これじゃ、もうISOGAIさんが見えるなんて絶望的、と半ば諦めていましたが、さすがに真ん中から後ろ寄りには誘導されましたけど人は中央に集まっていて端っこは意外と空いてたんです。
私は端っこがいいんです!何度か「奥(中央)に詰めてください」と言われましたが無視無視(これ)
だって、端っこの位置からならISOGAIさんの要塞がバッチリ見えるんだもの!
また、ISOGAIさんの要塞もステージより一段上なのか少し位置が高めで、終始それこそ座っててもバッチリ見えてラッキー!!

もう、いきなりバッチリ見え過ぎてですね…大!興!!奮!!!(痛)
周囲のYAMAMURAさんファンの方々の歓声に混じって1人延々と「ISOGAIさーん!ISOGAIー!!」と叫んでいる私(笑)
もう完全に周囲が見えていませんでした(違)

あまりにもISOGAIさんがバッチリ見えるので、早い段階でISOGAIさんの視線がこっちに来た時、思わず手を振ってしまいました(痛)
1人手を振った痛い奴だったので思わずサッと手を引っ込めてしまいましたが、ISOGAIさんが気づいた風だったのは、ちょっと嬉しかったです。^^
さすがに遠くて表情まではハッキリと見えませんからね~、ま、そう思っておこう!(笑)

1曲目は「It's Alright!」
やっぱりゴージャスな曲なので、まさに幕開けにふさわしい。^^

「AB LOVE LOVE」では冒頭から怪しげな「あ~ぶらかだーぶら」というヤケにリズム刻むノリのいいフレーズが繰り返されるのですが、これを歌っているのがISOGAIさん!!!
YAMAMURAさんはオーディエンスを完全に煽りにきてて、その間ISOGAIさんがお1人で歌いながら腕をあげられ…ひたすら「あ~ぶらかだーぶら(中略)どぅどぅ」を繰り返されてて…ISOGAIさんを見ながら思いましたよ。

ヤバい呪文をかけられているようだ!!!

ま、そんな感じで9割くらいはISOGAIさんしか見ていなかったのですが(オイ!)
何度も人差し指をのばして腕をあげられているISOGAIさんを見ながら、この人の指きれいだな~、と思いました。^^

EDM色が強い、ということでの演出だと思いますがLEDライトの鮮やかなライティングが、とても印象的でした。
目まぐるしく色が変化し、まさに音を色で表現するとこうなるのか的な。
バックに5つに縦割りされたスクリーンがあったのですが、メンバーを映すためではなく歌詞や演出のためのスクリーンでした。
ライヴ自体は短い時間なのに、一切の手抜きなしな美しいライティングの演出が非常に印象的でした。

1番強烈だったのが、あだぶかだぶら(違)なんですけど、やっぱりテーマ・ソングの 風花 は異世界なほど違う世界を魅せられました。
とても不思議な美しい世界を視覚的、聴覚的の両方から築き上げ、一瞬現実を忘れて儚い空間を漂っている感覚。
スーッと途切れた音の流れに、ふと我に返るような不思議な美しい時間でした。

そう、ライヴ自体が短いにも関わらずMCは、ほぼ皆無。
YAMAMURAさんが少し挨拶的な1言と煽りで喋った程度と、KAMEDAさんが説明のために1言喋っただけ。
えー、あんだけベラベラ喋る治さんと磯貝さんをメンバーに迎えながら…!(笑)

メンバー紹介すら何も言わずに、いきなり始まりました。

まずはSAKAIさんから。いきなり被り物を脱いで野球のヘルメットを装着し、バットを持たれて…ボールを持ってバッティング!(笑)
ボールは2つだったと思いますが、かる~く振っていましたけど1階の後ろの方まで飛んでいました。^^

そうそう、あの被り物、固定が弱いのかYAMAMURAさんも早い段階で被り物を直していたように見えました。後半でしたがISOGAIさんも横についているのが、なんかズレてブラブラしているように見えました。

次がISOGAIさん。^^
赤い箱を手に持って掲げ、開けて何か取り出した。なんか、めくり取るような動作が見えて、しかも両手に持ってる…え、そ、それって、も、もしかして豚まん?!と思った時には、もう早食い状態で豪快にかぶりつき!(笑)
もう大爆笑が起こっていました(笑)
胸がつかえたらしく胸を叩いたり、上を向きながら水を飲みながら半分ほど食べられたんですかね…?
ISOGAIさんのパフォーマンスが終わった後、水を飲んでいたので飲み込んだのかな?更に背中を向けられたので、大丈夫なのかよ…

続いてKAMEDAさんだったかと。
ペットボトルを持って「ミックスジュース」と、にこやかに言われたら一気飲み!
それレミオだと治さんか皆川さんがやってるやつじゃん!(笑)
更に、もう1本取り出し、一気飲み再び!(笑)

で、最後に治さんだったかな。
短いバットみたいなのを持ってドラムを三三七拍子よろしく、バシバシ叩いていました。^^
YAMAMURAさんは何もなかったような…あんまり見えなかったから記憶になくて(汗)

アンコールではISOGAIさんが要塞の中で謎な動きをしていらして…あれ?もしかしてギター持ってる??
始まる前に少しキーボードを触っていらしたのでプログラムで動かしつつ、自分はギター弾いて、機材が動いているのも確認されてて…やっぱり器用な人だわ。^^
表情がハッキリとは見えなかったけど、とても楽しそうに演奏されていたISOGAIさんでした。^^

スポンサーサイト

コメント

Secret

Caution!
文中の訳は大雑把な意訳です。中文ど素人の人間が書いていますので大目に見ていただけると幸いです。また誤りを発見次第、遠慮なくご指摘くださいませ!速やかに訂正します(他力本願)
プロフィール

Yuzue.

Author:Yuzue.

広く浅く部分的に深く、かなりミーハーな愛猫家の音楽好きでブログの片隅にて自己満足の世界を築き上げるインドア派の岡山県民。

gremz
ブログ内検索
最近のコメント
リンク
カテゴリ
何維健(デリック・ホー)
応援コミュニティ@mixi
ばなー
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ネコ温度計
月別アーカイブ