EPIC NIGHT

大阪は3公演ありましたが週末の2公演に悪友リスと参加してまいりました。^^
4日は雨男さん(画像左(笑)が本領を発揮したようで…まぁ、どしゃぶりではなかったのでマシか。

   ポスター

リスがグッズ買うのを待って、なんとなくガチャへ。。。
もう完全に習慣ですね(笑)

   プレート

あっさりと限定のプレートが…私、2回やったんですけど2コともプレートだったんです。
リスを見ると、やつも持っているではないか。周囲も心なし持っている人が多い。大放出中か?(違)
2つも要らんし…誰か~(中略)というワケで「そんな幸運があるんですね!」と微笑む彼女と別れました(笑)

   1) RED
   2) NO EXCUSE
   3) YOU&I
   4) TIME

のっけから最新曲の「RED」が、もうカッコい~のなんの!
最後ではバッ!と赤い旗が一斉に落下。アリーナに組まれているライトさんたちのいる塔?にもフラッグが挿し込まれていたのですが一気に落ちてビックリしました。

そして「YOU&I」に「TIME」とか…なんのサービス?!(違)
会場も騒然となりましたよ、そりゃそーでしょ!!
だって「YOU&I」に「TIME」ですよ?!(既に意味不明(笑)

   5) HEAT
   6) アマリニモ
   7) Exit To The Sun
   8) Black Coffee
   9) 君を気にしない日など
   10) Man Of The Match
   11) 熱き鼓動の果て

今回はスタンドの前の方の席でした。
「熱き鼓動の果て」の少し前から下でスタッフさんたちが慌ただしく動いておられて、なんかあるのかな?と思いつつ、気づけば花道がスタンド席に沿うように伸びていました。

この日は松本さん側で、すっごい松本さんが近くて、それだけでも興奮だったのですが、なんか…動いてね?(笑)
どんどん近づいてくる松本さんに周囲は大興奮!!
ホンットに、めっちゃ近かったです!!!

大興奮のまま、ふと下を見るとスタッフさんが引っ張っていらっしゃる…(笑)
イナバさんいわく「我々の優秀なスタッフにより迅速かつ安全に移動しました」だそう(笑)
この後も「人力」を強調し、あちこちで人力による演出が見られました。^^

そうこうして後方にシンプルに組み立てられていたステージに移動。
イナバさんが松本さんに「どうですか、この景色」と言うと松本さんは「ふぅー!(笑)」
これにイナバさんが「なんですか、それ!初めて聞きました(笑)」と大ウケ。
更に「ふぅー!ふぅー!」と言う松本さんに今度はファンが真似て「ふぅー!」
それにイナバさんが1言「流行ってるじゃないですか(笑)」

そんな緩いMCを挟みつつ、ブルース調かな、もんのすごいアレンジされた「ZERO」が演奏されました。
もちろん松本さんはギターですが、イナバさんがブルースハープにハイハットを足で踏みながらリズムをとりながら歌うという…なんて器用なんだ!
松本さんもイナバさんを見ながら合わせ、まさに2人あうんの呼吸!
思わず見入るか聴き入るかわかりませんが入ってしまいました。
その後の「Blue Sunshine」ではアコギを弾いていたイナバさんでした。^^

   12) ZERO
   13) Blue Sunshine

再び正面のステージに移動です!
今度、私たちの前はイナバさんが通る、とわかっているので皆さん前のめり気味(笑)
松本さんの方は動き始めたのですが、イナバさんは…え?イナバさんドコ???(笑)
ステージ降りてファンサービスをしていたのか、しばしイナバさんの姿が見えず…ちょっとしてスタッフさんが動いていたので多分「イナバさん、移動してください!!」て注意されていたのでは(笑)

ニヤニヤしながらステージにあがったイナバさん、ようやく移動です。
一方の松本さんは、ほとんど到着してるし(笑)
そんなことお構いなしなイナバさん(笑)
ようやく私たちの前にきたと思ったら、おもむろにお尻を突き出して振られました(笑)
ま、ちょっとはこっちに向いていただけましたけど…にしても、ちっさいお尻でしたわ、羨ましい(違)

   14) 有頂天
   15) ultra soul
   16) スイマーよ!!
   17) BURN -フメツノフェイス-
   18) Las Vegas
   19) EPIC DAY

  EN-1) イチブトゼンブ
  EN-2) 愛のバクダン


さすがドームだけあって、演出がハデになっていました。^^
でも「BURN」の演出が謎で…というか、今回は珍しく開演前に何もなくて。その代わり?ステージ上で数台の車をセットするという演出を見ることができました。^^
この車も必要なのかどうか謎でしたが、このうちの2台が「BURN」で撃ち落とされるイメージではないかと思いますが、そんな演出でして…車である必要が???(謎)
というかステージ脇にクレーンが配置されているのも珍しいのでは(笑)

どこでだったかイナバさんが「EPICだなぁ~」と言った瞬間ニヤニヤッとして「EPICやなぁ~」
これに大歓声があがり、更に「EPICやん!」とニヤニヤしていたイナバさんでした(笑)

この日、イナバさんの自由度が高くてですね…(笑)
MCで「雨が降ってますね」から、自転車の傘さし運転が禁止されたことについて触れ「東京のテレビで出るのって大阪なんですよね!」と、なんだかえらい嬉しそう(笑)
最後には「ようやく生で見ることができました!」と、えっらい嬉しそう(笑)

で、あの傘を固定している道具に興味津々で「あれ、なんですか?(さすべー!)え?(さすべー!)さすべー?さすべーっていうの?さすべー!!」と謎のテンション…イナバさん?(笑)
「あれ、いいんですか?大阪だけはいいの?さすべーはいいの?」と、なぜそんなに食いついてるんだ(笑)

イナバさんも体が軽かったのか、花道を走りながら戻ってきてピョーン!
ほとんど走り幅跳びのように、しなやかにセンターに飛び込んできて、そのまま歌うという驚異的な姿を見ることができました。^^

最後は「ひとりじゃないから」を歌いながらステージからはけるお2人を見送りました。^^

スポンサーサイト

コメント

Secret

Caution!
文中の訳は大雑把な意訳です。中文ど素人の人間が書いていますので大目に見ていただけると幸いです。また誤りを発見次第、遠慮なくご指摘くださいませ!速やかに訂正します(他力本願)
プロフィール

Yuzue.

Author:Yuzue.

広く浅く部分的に深く、かなりミーハーな愛猫家の音楽好きでブログの片隅にて自己満足の世界を築き上げるインドア派の岡山県民。

gremz
ブログ内検索
最近のコメント
リンク
カテゴリ
何維健(デリック・ホー)
応援コミュニティ@mixi
ばなー
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ネコ温度計
月別アーカイブ