阿波十郎兵衛屋敷

翌日は阿波十郎兵衛屋敷へ行きました。

せっかくだから近場で観光して帰ろう、と観光ナビみたいなのを見たら載っていて…ここ行こう!^^
それまで知りませんでしたが、阿波浄瑠璃が有名なんですね~

   外観

徳島駅から路線というよりはコミュニティバスのような小型バスに乗って行くこと約30分。
平日ということもあり、いるのはスタッフさんたちと私だけ…そう、客は私だけ(笑)

   館内

まずは阿波浄瑠璃についてのビデオを拝見し、場所を移動して阿波浄瑠璃についての説明をお聞きしました。
マンツーマンで、とても丁寧に説明してくださいました。^^

館内   館内

漠然としか知りませんでしたが、どうやってできているかや文楽との違いなど興味深かったです。^^

館内   館内

人形はグループの持ち物だから微妙に顔つきなども違う、など話をうかがっていると時間がきました。

   劇中

幕が開き、客が私1人でヒジョーーーに申し訳なかったです!!
でも1人で貸し切りなんて初めてです(笑)

劇中   劇中

圧倒されたのが母親が娘を抱き寄せるシーン。
話よりも、抱き寄せつつ上下しながら、ぐるぐる回るんです。よくドラマとかで360度ぐるっと映す、あぁゆう感じ。
この回り方が6人の息がピッタリで一気にたたみかけました。
それまでは、わりと淡々としていたのが、いきなり激しい場面展開に引き込まれましたね~

   みなさん

最後には皆さん出て来られて、これまたビックリ!
あれだけ持ち上げたりするんだから、てっきり男性なんだろう、と思っていたので全員が女性でビックリ…すごいわー
日替わりで上演されているそうで、この日は名月座の皆さんでした。^^
それぞれの役割や人形の作り?などを詳しく説明してくださり、へぇ~!の連続!!

   ビシッ

スタッフさんが「記念撮影どうですか」と何枚か写真を撮ってくださって感謝です
私も挑戦させていただきましたが、これが難しい!
「ここに指を入れて…」と指導してもらったのですが、なかなか思うようには動かせませんでした。。。
でも貴重な体験をさせていただき、とても嬉しかったです。^^

   銅像

そんなにバスの本数も多くないので、次のバスまでお屋敷内を散策。

   庭園

立派な庭園は工事中で奥までは入れませんでした。
でも素敵な景色は見られました。
エサ台みたいなのがあって、そこにミカンが置いてあったのが印象に残りました。^^

   ポスター

平日だったので録音音声でしたが、週末は太夫がおられるとのこと。
また雰囲気が違うだろうなぁ~
上演時間は短いけど、観光で見るにはちょうどいいし、なにより格安で見られる!^^

もちろん上演も良かったけど、スタッフさんたちがすごく優しい人たちで、とても落ち着きました。^^

スポンサーサイト

コメント

Secret

Caution!
文中の訳は大雑把な意訳です。中文ど素人の人間が書いていますので大目に見ていただけると幸いです。また誤りを発見次第、遠慮なくご指摘くださいませ!速やかに訂正します(他力本願)
プロフィール

Yuzue.

Author:Yuzue.

広く浅く部分的に深く、かなりミーハーな愛猫家の音楽好きでブログの片隅にて自己満足の世界を築き上げるインドア派の岡山県民。

gremz
ブログ内検索
最近のコメント
リンク
カテゴリ
何維健(デリック・ホー)
応援コミュニティ@mixi
ばなー
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ネコ温度計
月別アーカイブ