Acoustic night

遠征が続いたため金欠でして(笑)
それこそ数日前まで行くのを悩んでいましたが、もう行っちゃえ~!と勢いで行きました。

人数も多くないから並んでいないだろう、と思って開場時間の少し前に着いたのですが…誰もいない
テーブルとイスが置いてあり、会場内は広々。数週間前のリョータくんと同じ会場なのですが、あのギューギューが嘘のよう。

   看板

開演しても座っているのは片手ほど…小川さんのファンらしき方々が小川さんの登場少し前に入って来られましたが、それでも両手にも届かず。。。
もうちょっといるのかと思っていましたが、やっぱり平日だから厳しいのかな~

どういう順番で出てくるのかな?と思っていたのですが、木村さんが最初に出て来られた時点で、これは看板の名前の順番だな、と。

というワケで3番手に登場した祥平くん。
どうやら1人で移動しているようで、会場までの坂道をスーツケース持ってあがってきたそうですが、途中でコマが壊れたそう。更には取っ手も壊れて「もはやトートバッグ」と笑っていました。^^
なんとか東京に帰るまで持ちこたえたのかな?

相変わらず少しなまった口調で可愛かったです。^^
しかし、この小柄さでギター背負って、スーツケース持って歩くって大変そう。

1人の持ち時間は約30分、アコギで歌うスタイルは全く同じ。それでも個性が出る不思議。
祥平くんは、やっぱりキラリ度がケタ違いでしたね~、なんたってズバ抜けて上手い!!
で、また1人、演奏が渋い(笑)
3人は立っての弾き語りでしたが、祥平くんは座っての弾き語り。座った方がギターが安定するんでしょうかね。


   1) 夢に描いた放物線
   2) じれったい(カバー)
   3) Lonely
   4) ココロ
   5) We got rhythm


1曲目は、まだ音源化されていない「夢に描いた放物線」
これ好きなのでイントロから、オッ!と嬉しくなって立って手拍子をしそうでしたが、皆さん座ったまま静かに聴かれていたので私も大人しくしておきました。

カバーをやるとは思いませんでした、しかもシングル曲は一切なし。
オマケに5曲とも渋めで明らかに他の3人とは一線を画していました。
ま、2番手の人も、かなりインパクト強い人でしたけどね。

最後は、ちょっと明るめのを、ということで「We got rhythm」
テンポも速いし、かなりの勢いで弾くので圧倒されました。^^

初めて祥平くんをご覧になられた方は、見た目からは想像もつかない演奏に驚かれたのではないかと思います。^^
さすがに、あっという間の30分でした…祥平くんだけ地元じゃないんだから1時間やってもよくね?(違)

   ジャケ

アンコールなどもなく、あっさり終わって、ご本人たちによる物販が出入口横で行われていました。
サーッと祥平くんに近寄って、ちゃっかりサインもらって帰りました(笑)
とはいえ、ちょこっと話はしたんですけど…どうやら地元民が見に来ていると思っていたらしく、驚かれました(笑)
しかも「祥平くんを見に来た」て言うと、ますます驚いていました(笑)

関西でも祥平くん1人でライブやる日がくるといいなぁ~

スポンサーサイト

コメント

Secret

Caution!
文中の訳は大雑把な意訳です。中文ど素人の人間が書いていますので大目に見ていただけると幸いです。また誤りを発見次第、遠慮なくご指摘くださいませ!速やかに訂正します(他力本願)
プロフィール

Yuzue.

Author:Yuzue.

広く浅く部分的に深く、かなりミーハーな愛猫家の音楽好きでブログの片隅にて自己満足の世界を築き上げるインドア派の岡山県民。

gremz
ブログ内検索
最近のコメント
リンク
カテゴリ
何維健(デリック・ホー)
応援コミュニティ@mixi
ばなー
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ネコ温度計
月別アーカイブ