Draw a Night Rainbow

公演の2日前に熊本で地震があって…ちょっと会場の雰囲気が、ざわざわした感じはしました。

それをメンバーも察したのか、杉くんが「こんなトコ来てていいのかな?て思うかもしれないけど、今を楽しもう!」みたいなことを言い、煽るんじゃないけど、何度も盛り上げていました。
そう、杉くんは、どこか重い空気の会場を、楽しんでもらおうと導いていたように感じられました。
「自分にできる小さなことをすればいい」など何度か言葉を変えながら「今日は楽しもう!」を杉くんは繰り返し、おっくんも最後に「幸福感いうんかな、それを周囲の人たちにおすそ分けしてあげて」と締めました。

   看板

最初は行くつもりなかったんだけど(金欠だから(爆)なんとな~く3日前にチケット取りまして(笑)
残ってる席だから期待してなかったけど意外といい席でしてね、さすがに端っこでしたけど。

前回よりも、よりオシャレ感が高い演出、そしてライティングやレーザーの美しいこと。綺麗ではなく、ホント美しい。
どうしても動きが固定されてしまうピアノとドラム…それを解消すべく今回は1人ずつ小さなステージを配置し、それごと動かす発想がいい、しかも人力ってトコがナイス!
ベースも、やっぱりコードに繋がっているので動きに限界があったけどワイヤレスになったことにより、コードを足に引っかけることもなく自由に動けて、のびのびしたプレイに見えました。^^

この素晴らしい世界を作り出す公演を、もっと多くの人に見ていただきたいもんです。^^

   1) Overture
   2) You
   3) くちづけDiamond
   4) shall we dance?
   5) 春色グラフィティー
   6) 管制塔
   7) welcome
   8) レイス
   9) マーメイド
   10) クローン
   11) さよならと言わないで
   12) KOKO
   13) Life
   14) 僕らの永遠
   15) ティンカーベル
   16) Boys&Girls
   17) トキドキセカイ
   18) Free will
   19) Hello Goodbye
  EN-1) キミノトモダチ
  EN-2) Beloved


当たり前だけど新譜を中心に組まれたセットリスト、とても流れよく、心地よく感じられました。^^
春ツアーなので、春らしい&懐かしい楽曲も入れたとのことですが、多分ほとんどの人が「オ!」と思ったのは、きっとEDMアレンジされた「ティンカーベル」かと。^^
ピコピコしてるのも意外とイケる~

メンバーはステージ前方にてマーチング、その間に暗転した後方のステージをスタッフさんたちが人力で動かして組み替えていたのには思わず感心(?!)
もちろん完全に暗転し、メンバーをステージに乗せたまま移動させている時もあったけど、やはりそこは空白をなるべく作らないよう配慮された優しさに感じました。
そのステージは正方形で、微妙に角度を変えながら横に広がったり、中央寄せたりと組み替える度に変化させていました。

おっくんがピアノを弾き、杉くんがハンドマイクで歌いながらステージを左右に動くのも長くなってきたような気がするな~
なんの時だったかな、べーちゃんも1曲ずっと立ってドラム叩いてたのね。
「気づいてくれた?」て確認してたのが可愛かった(笑)

とにかくライティングとレーザーの使い分けが美しい。
レーザーで作る虹は「奇跡感」を演出するかのようで、サーッと広がるけれど、いつまでも広がっていない。
スクリーンを使う場面もスッキリした画面展開で、くどくない。
前回、映像に演奏が食われてしまったように感じた部分があったけれど、それが今回はなかったように思いました。

今回の新譜の中で「マーメイド」が1番好きなんですけど、これは杉くんも座って弾いていました。
海底を思わせる、少し暗めの青い光がユラユラして、どこか幻想的。
寂しい響きのメロディーに、杉くんの優しい歌声、3人の控え目な演奏に差し込む青系の重なったライトは、まさに「マーメイド」の世界を作り上げていて、もう1回見たい…!と思いましたね~

アンコールでは、いきなり小芝居!(笑)
もう会場、大爆笑でした。^^
そしてメンバーによる連弾あり、アカペラあり、妙な小技あり…(笑)微笑ましくも完璧な演奏を見せました。^^

MCも、おっくん絶好調(笑)
べーちゃんと杉くんの体質が似ている、ということで2人うどんを食べたことについて「大丈夫なん?」と突っ込むと、べーちゃんが「うどんは消化にえぇって言うやん…」と反撃していました。^^
更に杉くんがラーメンのノリだったかな、を「消化できない人」と紹介し、杉くんも「消化できへんのんです」とニヤニヤしていました。
相変わらずの、ゆる~い感じで、ほんわか。^^

高松はホントは来る予定じゃなかったから、がっつり見るというよりもステージ全体が綺麗に見えたので、全体を見たという感じかな。

スポンサーサイト

コメント

Secret

Caution!
文中の訳は大雑把な意訳です。中文ど素人の人間が書いていますので大目に見ていただけると幸いです。また誤りを発見次第、遠慮なくご指摘くださいませ!速やかに訂正します(他力本願)
プロフィール

Yuzue.

Author:Yuzue.

広く浅く部分的に深く、かなりミーハーな愛猫家の音楽好きでブログの片隅にて自己満足の世界を築き上げるインドア派の岡山県民。

gremz
ブログ内検索
最近のコメント
リンク
カテゴリ
何維健(デリック・ホー)
応援コミュニティ@mixi
ばなー
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ネコ温度計
月別アーカイブ