スリ・マリアマン寺院

新加坡佛牙寺龍牙院とジャマエモスクの間にあるのがスリ・マリアマン寺院。
一瞬でおわかりになるかと思います、ヒンドゥー教の寺院です。^^
いつ見ても素晴らしい盛り具合でテンションあがります(違)

   SG

新加坡佛牙寺龍牙院から見えて、思わず駆け寄ってしまった私(爆)
入ろうと思ったけど、そういえばこの先にモスクがあったな、と先にモスクへ。
後回しにして、じっくり見ることに。^^

   SG

なんで、こんなに盛り盛りなのか多少は謎なのですが…まぁ、いっぱい神様がいらっしゃいますから。

SG   SG

四方を聖牛が護る、こちらの寺院の主神はマリアマンだそう…なるほど!(遅!)
マリアマンは下の画像、中央から右側に写っている、屋根の上の青と緑の衣装の女性たちの間に座っている赤い衣装の女性です。
病をつかさどる女神なので、お祈りをすると病気を祓ってくれるそう。

   SG

靴を脱ぎ、写真撮影がしたかったので入り口横の受付で3SG$払って中へ。
もうホントに今にも屋根から飛び降りてきそうです!

SG   SG

1番有名なのは、やっぱりガネーシャかな?

   SG

モスクでは落ち着いたけど、ココではテンションあがって、うきうき。^^

SG   SG

そう広いトコではないので、ぐるぐると何度も回って長居する観光客、約1名(爆)
どれくらい居たのかわかんないけど、最後には僧侶(?)から「こいつ、まだいたのか…!」という驚いたような視線が(笑)

SG   SG

あ~、満足、満喫。^^
そろそろ出ようかなぁ~、と思った時!

   SG

なにやら騒がしく。

   SG

鳴らされる鐘は始まりの合図のようです。
かなり響き渡っていて、急いで来る人の姿も。
なにごと?!と私も急いでロープがはってある信者の方の後ろへ(それより前には入れません)

SG   SG

鼓と笛が鳴り始め、どうやら礼拝のよう。
かーなーり賑やか!!
なんですけど、それとは正反対に正面ではお祈りが捧げられていました。

   SG

後ろからなので、なにやってるんだろう?(よく見えない)と1人もぞもぞ。
音楽が終わると僧侶(?)が何かを持って来られました。

   SG

日本でもお線香の煙を頭からかぶったりしますが、それに似た動きで炎の周りの空気をかぶり、灰を額につけられていました。
なんだ?なんだ?と初めて見る光景に、ますますテンションあがるぅー!(違)

   SG

これが決まった時間などに行われているものなのかどうかはわかりませんが、個人的には見られてラッキーでした!^^

スポンサーサイト

コメント

Secret

Caution!
文中の訳は大雑把な意訳です。中文ど素人の人間が書いていますので大目に見ていただけると幸いです。また誤りを発見次第、遠慮なくご指摘くださいませ!速やかに訂正します(他力本願)
プロフィール

Yuzue.

Author:Yuzue.

広く浅く部分的に深く、かなりミーハーな愛猫家の音楽好きでブログの片隅にて自己満足の世界を築き上げるインドア派の岡山県民。

gremz
ブログ内検索
最近のコメント
リンク
カテゴリ
何維健(デリック・ホー)
応援コミュニティ@mixi
ばなー
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ネコ温度計
月別アーカイブ