THE HIGHLIGHT

完売した20時からの公演。

私はチケットがないので、この後のFCイベントまでの間、最初はエスプラネード内を探検しようと思っていました。
ところが会場隣のトイレに行った際、あんまりにも中の音が聞こえるので「音漏れ?」と思って、なるべく会場の入り口に近寄り、近くにいらしたスタッフさんに、ココで待ってもいいか尋ねると「いいよ」と言われたので立って聞いていました。

こんなによく聞こえるなんて防音してないのかしら?と不思議に思いつつも立って聞いていたら、今度は違うスタッフさんが私に「ついてきて」と会場入り口前まで連れて行ってくれました!!
しかもイスまで用意してくださり、マジかよ…と驚く私に「ココで見たらいい」とニッコリ。
何ていったらいいのかわからず、ただただ、お礼を繰り返すしかありませんでした。もうホントに、とても親切にしてくださり、感謝しかありません

   会場

入り口前にきて、よく聞こえる原因がわかりました。
入り口横に中の様子を映しているテレビがついているんです(笑)
会場の外ではあるけれど、音はハッキリではないものの、かなり聞こえるし、ぼんやりと中の様子もうかがえ、なんだか得した気分でした。^^
ホントにスタッフさんのご配慮のオカゲです(感謝!)

   看板

終演後、会場隣のパーソナルスペースのような場所へ移動。
Fさんが丁寧にエスコートしてくださったので、とてもスムーズにイベントに参加することができました(感謝!)

ざわざわ待って、ほどなくデリックが出てきました。
タテ170あるはずなのですが、私の印象は「すごく小柄で華奢」でした。実際めっちゃ細かったです、羨まし…(違)
特にオーラもなく、ホントに普通。
普通だけれど、すごく素朴で真っ直ぐな感じは、いつも画面で見ているデリックと同じでした。^^

わー、デリックだ…と、ぼやぼやしていられません、まずは全員で記念撮影。
皆さん、慣れた風というか実際に慣れているんでしょう。ちゃちゃっと2枚ほど撮り、さくさくと周囲は動いていきます。何が起こっているのかキョロキョロする私でしたが、Fさんによる的確なフォローで流れにのることができました。^^

サイン会が始まり、どんどん人がはけていきます。
あんなに大勢のファンがいたのに、気づけば残っているのは数人になっていてビックリ。

そして私の順番になったらしく、Fさんに促されてデリックの前に。
本物だよー!と1人嬉しくなって「はろ~、デリックー!」と近づくとですね…

めっちゃ警戒されました(笑)

あ、あれ?!
一瞬、驚いたけど名乗ると「あ!」と、手のひらを返したように パァアー と明るい表情に(笑)
ちょっと安心しました(笑)

ニコニコとサインをしながら喋るデリックを、ぼんやり見ていて…というか一瞬、頭が真っ白になってた
横についていてくださったFさんの「やっと会えたね~って。^^」という1言で、ハッと我に返りました(笑)
そして、なぜか私がやらかした珍事件をデリックも知っていて心配されました(汗)
最後はニコニコと日本語で「ありがとう!」と言われ、それがめっちゃ自然な発音でビックリ。

ホントに数分の出来事でしたが、とても長く感じられました。
あぁ、シンガポールに来て良かったなぁ…

FさんがFCイベントへの参加を強く勧めてくれたオカゲで、こんな体験まで出来ました。ホントに感謝です。^^
FCの皆さま、会場でのスタッフの皆さまにも大変お世話になりました。
ホントに大勢の方に助けていただいた、とても印象深いライブとなりました。

スポンサーサイト

コメント

Secret

Caution!
文中の訳は大雑把な意訳です。中文ど素人の人間が書いていますので大目に見ていただけると幸いです。また誤りを発見次第、遠慮なくご指摘くださいませ!速やかに訂正します(他力本願)
プロフィール

Yuzue.

Author:Yuzue.

広く浅く部分的に深く、かなりミーハーな愛猫家の音楽好きでブログの片隅にて自己満足の世界を築き上げるインドア派の岡山県民。

gremz
ブログ内検索
最近のコメント
リンク
カテゴリ
何維健(デリック・ホー)
応援コミュニティ@mixi
ばなー
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ネコ温度計
月別アーカイブ