ユヤックストバビックス Vol.10&11

初めて見る横型。
10&11になっているけど、大阪は11だろうなぁ(先に東京公演有)

   看板

平日なので19時開演。
わたくし、直前まで悩んでいたので休みを取ってなくてですね(笑)とりあえず半休を取り、新幹線で直行!
自由席が、えらい混雑していて仕方なくデッキで立ちながら、こんなまでして行くほど好きだったんだろうか…と自問(笑)
答えは歌が始まった瞬間わかりました。

21時終演予定と書いてあったので、21時なら多少ずれこんでも(終電)大丈夫だろう、と行ったのに…本編終わったのが21時ですからね!(笑)
これからアンコールか…30分くらいに終われば大丈夫だろう。
30分が経過…まだアンコールやってますからね!!(笑)
45分くらいだったかなぁ…ぼちぼち終わりそうな挨拶をしていましたけど、もう限界だったので帰りました。さすがに終電を捨てる覚悟はなかった私を許してください(笑)

   看板

バビちゃんが鍵盤の前に座ったので、なにやるのかな?と思ったら、しょっぱなから Tiny world
しかもピアノだけという、ゴージャス感満載なオリジナルよりスッキリしつつ、軸の太さっていうのかな?どっしり感があり、より歌声の炸裂感というか爆発感というか…とにかく容赦なさ半端なくてですね(笑)

いきなりの仕打ち(笑)に今更なんですけど、この歌声が骨の髄どころか細胞の奥の奥まで沁み込んでいて、たまには生の歌声を入れないと生気を失ってくることに気づきました…ちょっと大袈裟ですが(笑)
だらだら見に来てわからなかったけど、この歌声が聴きたかったんだ、と後から自分の気持ちに気づくという…そんな感じで再確認をした1曲でした(笑)

そして冒頭の挨拶。
2人で紙を見ながら、淡々と読み上げるのですが(笑)途中きっと読む部分を分けていたんだろうな、と感じられた場面がありました。というのも、バビちゃんの声がしない時がありまして…浅岡さんが一気に紙を読み上げてしまい、しかも本人は気づいていない(笑)

以下、こんな感じだったと思うセットリスト(爆)

   1) Tiny world
   2) My Revolution
   3) セカンドラブ
   4) あの日に帰りたい
   5) ジュリアに傷心
   6) 星屑のステージ(ちょろっと)

昭和のヒット曲が並びましたが、若いスタッフさんたちは全く知らなかったそうで「昭和の大ヒット曲だと教えた」と言っていました。^^
平成生まれじゃ知らないと思うわ。。。
2曲目とかキーが高そうだけど、ゼンッゼンッ違和感なくて!
オリジナルの、はつらつとした感じ(?!)も、そのままだし、その流れのまま3曲目も女性だけど、しっとり感そのまま。ホントに違和感がない。不思議。

そして、ぶっつけのリクエストコーナー。
ここでだったかな、バビちゃんが、なんでこんな(?!)カバーをやっているか、てことを説明。
ツアーとかついて回っていて、ライブ後にその土地の居酒屋などへ行き、飲んでいるとミュージシャンだというのがバレるらしいのね。で、そういう飲み屋にギターがあったりして「なんか弾いてよ」て言われて弾くと、すごく喜ばれるそう。
それに端を発したのが、このユニットというお話でした。

その場でリクエストを募るけど、ほとんど応えたんじゃないかなぁ…浅岡さんが歌詞わかんなくて歌えない、というのがあっても、バビちゃんが歌えたり。とはいえフルではなく、サビだけ、1番だけ、さわりだけ、みたいな感じでした。

   長い夜
   案山子
   愛し愛されて生きるのさ
   セーラー服と機関銃
   初恋
   WHITE BREATH
   想い出がいっぱい
   いい日旅立ち
   NO. NEW YORK

西川くんの話になり、バビちゃんが「西川くんはすごい」みたいなことを言っていたような(うろ覚え)
他に途中で「アースシェイカー!」て声があったんだけど「どんな曲だっけ?」とやっている間に、なんかうやむやに
そしてステージ上から後方へビールのリクエスト(笑)
それを持って行ったHマネがリクエストしたBOOWYでリクエストコーナーは終わりました。
なにする?て言うバビちゃんに「ビューティーフェイスでいいんじゃね?」という浅岡さん。それ歌のタイトルじゃないし(笑)
これが、また!すんごい良かった!!
私は恐れ多くて何か言う勇気はなかったのですが、秘かに「BOOWYか安全地帯やってホシー」と思っていたので、もうホントにHマネありがと~!

   7) 卒業写真
   8) ルビーの指輪

ココで浅岡さんは1度はけて、バビちゃんのソロが始まりました。
バビちゃんも自分で言ってたけど、ユーミンがホント好きなのね。^^
また、ユーミンの雰囲気がバビちゃんにピッタリ!

   9) 中央フリーウェイ
   10) 星のかけらを探しに行こう

2曲目から、ひょろっと現れた浅岡さん。
「なんでドラムセットがあるんだ、て思ってなかった?」と座ったのはドラムの前。本人も「できそうだ」と思ったらしいのですが、誰だったかなぁ、誰かに「うまい」と褒められたらしい(笑)
なんだ、このぶっつけな緩い空気(笑)
でも確かに、そこそこイケてた(笑)

   11) コトノハ
   12) Someday

今度はバビちゃんが休憩。
そのままステージ中央に来た浅岡さんが言ったのは「明日の練習」
翌日あった弾き語りイベントに備えての練習って、ちょっと、なに?!(笑)
前者は主旋律を押さえるピアノ弾き語り、後者は慣れてきた感もあるアコギ弾き語り。
鍵盤の弾き語りは要所を押さえるだけのシンプルな演奏、だからこその歌の破壊力が半端なかったです。

   13) 雨上がりの夜空に
   14) ハイティーン・ブギ
   15) あなたに会えてよかった
   16) 超絶 ダイナミック!
   17) 酒と旅と日々の歌

再びバビちゃんが合流して5曲演奏。
「あなたに会えてよかった」はアレンジについて2人とも「衝撃的だった」と、しばらく語っていました。素人の私にはよくわかりませんが、かなり画期的(?!)だったよう。

そして先日ブラジルへ行っていた浅岡さん。
やっぱりカバーで歌って欲しい、と言われることも多く、また意外とイケると思ったらしく「超絶 ダイナミック!」を歌ったら、かなり反応が良かったそう。^^
ということでココでもお披露目。

 EN-1) be wind
 EN-2) エール~戸惑ったり くじけたり~
 EN-3) 星降る夜に

アンコール1曲目はunitの曲。
浅岡さんが「これが1番好き」て言ってたと思う。

「CDも少しだけ持ってきました、22枚くらい」
なに、その中途半端な枚数…(笑)と思っていると、すかさずバビちゃんが「ホント少しなんで既に持っている方はご遠慮くださいね」とナイスフォロー!
私も無事に入手できました。^^

   もろもろ

そして途中だったか、アンコール前だったか忘れましたが「ハロウィンが近いのでプレゼント持って来ました、どこに置いてる?後ろ?カウンターのトコにあるそうなので受け取ってください」ということで1ついただきました。^^
最初、そうとは知らずに開演前にドリンク引き換えに行ったらナイトウさんに「1つどうぞ」と言われて、なにこのサービス?と不思議に思いつつ、いただける物はいただいた貧乏性の私。。。

スポンサーサイト

コメント

Secret

Caution!
文中の訳は大雑把な意訳です。中文ど素人の人間が書いていますので大目に見ていただけると幸いです。また誤りを発見次第、遠慮なくご指摘くださいませ!速やかに訂正します(他力本願)
プロフィール

Yuzue.

Author:Yuzue.

広く浅く部分的に深く、かなりミーハーな愛猫家の音楽好きでブログの片隅にて自己満足の世界を築き上げるインドア派の岡山県民。

gremz
ブログ内検索
最近のコメント
リンク
カテゴリ
何維健(デリック・ホー)
応援コミュニティ@mixi
ばなー
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ネコ温度計
月別アーカイブ