梁記嘉義鶏肉飯

今回も2泊。
最初の朝食は朝早くから西門へ行ったので、ちょうど朝ごはん隊(?!)に遭遇。まだ準備中という感じで、あんまり注文する人もいないので先に下見へ行ってから戻ってくると準備整ってきたようでした。^^

   西門

とはいえ、まだ客はまばら。
どんなんだろ?と、のんびり見ていると「何する?」て言われたり

   西門

小籠包?ココで蒸すの??と謎だったのと、小籠包を食べたかったのとで小籠包をいただきました。^^
どっかで蒸してきて保温状態の小籠包は、あつあつで意外。
冷凍?もあるみたいだったので、家で蒸して食べる人もいるんでしょうね。

   西門

皮が厚めの家庭的な味の小籠包。^^
お店とかで食べる薄い皮のも美味しいけど、これはこれでまた違う美味しさでした。^^
近くのベンチで座って食べたのですが、あんまりそういう人はいませんでした(笑)

   西門

ホント、抹茶が人気なのね~
宇治右衛門…なんか聞いたことないような、あるような(笑)

   外観

帰国日の朝はホテルから近かったので、梁記嘉義鶏肉飯 へ行ってみました。
開店10分前くらいだったかな、行ったら誰もいなかったから周辺をブラブラして5分前に戻ってくると並んでる!
えー、ちょっと前まで誰もいなかったのに…もしかしてもしかしなくても日本人ばっかりです!(笑)

いそいそ並ぶと、後から来られた人も「15分前に来た時は誰もいなかったのに…」と私と似たようなことを言われていました(笑)

   じーろう

鶏肉飯と、のりスープをいただきました。^^
のりスープは、やや胡椒が強め。私には、ちょっと辛くてね…でも、あっさりした、のりたっぷりのスープでした。
鶏肉飯は、ちょっと甘目なんだけど、めぇっちゃ美味しい!!
意外と小さかったので、も1杯イケるな、と思ったのですが…300元くらいしか持っていなかったので大人しく帰りました

スポンサーサイト

コメント

Secret

Caution!
文中の訳は大雑把な意訳です。中文ど素人の人間が書いていますので大目に見ていただけると幸いです。また誤りを発見次第、遠慮なくご指摘くださいませ!速やかに訂正します(他力本願)
プロフィール

Yuzue.

Author:Yuzue.

広く浅く部分的に深く、かなりミーハーな愛猫家の音楽好きでブログの片隅にて自己満足の世界を築き上げるインドア派の岡山県民。

gremz
ブログ内検索
最近のコメント
リンク
カテゴリ
何維健(デリック・ホー)
応援コミュニティ@mixi
ばなー
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ネコ温度計
月別アーカイブ