続・人生超幽默簽唱會

写真撮影が終わると次は囲みインタビューです。
いつもの、この構図。^^

   ケンジくん

私はステージに近いトコにいたけど、ほとんど声は聞こえませんでした。
なんかウケてるから、なに喋ってるんだろう~?と見ていました。

   ケンジくん   ケンジくん

終始にこやかにやっていたようには見えました。
時折キリリとしていたので、なんか真面目に喋ってるんだろうな~、て程度。
もし聞こえていても、わかんないから(笑)

   ケンジくん   ケンジくん

この後、ケンジくんは 鬼來電 を歌ってくれてステージを後にしました。
「鬼來電」めっちゃ好きなんで、まさかコレ歌ってくれるとは思わず、めっちゃ嬉しかったです!^^
好きなんですけど「一緒に歌って!」と言われましてもですね…まぁ、いつもの、なんちゃって口パクで乗り切りましたが(爆)

   ケンジくん   ケンジくん

と思いきや、すぐ戻ってきて、今度は個別の写真撮影が始まりました。
後から見ると、この構図で撮られた写真はワーナー提供になっていたので、どちらかなのか、はたまたお2人ともなのかワーナーの方だったのね。
いろんなポーズとりながら、にこやか、キリリ、おすましと表情を変えながら、数分ほど撮られていました。^^

で。

再びステージを後にしたケンジくんが出てくるのを、そのまま待っていました。
マスコミのスペースが取り払われ、その後ろにいた皆さまが一気にザッと前に突っ込んできました。こうなるのがわかってるから、FCの人たちは邪魔だけどカメラ後ろで待ってたのね。

なるほどね~、と思っていると、今度はスタッフさんたちが前から何か言いながら横にいた私たちを追い払いだして…えと、これからはココでは見られない、てことかな?(状況判断)
今更なんで???

わかんないけど、とにかく少し後ろにさがって見える隙間(笑)を探しました。
写真は無理だけど、この辺りなら見えるな、という位置を確保。ところが前にいる人たちが、ほとんど撮影をしない人たちだったので隙間からズームをきかせると、わりかし撮れたのでラッキー。^^

   ケンジくん

まずはケンジくんが出てきてから、少し話をしました。
そして蔡順鵬さんと、も1人を呼び入れて、アコースティック・ライブが始まりました。^^
蔡さんについて語っていましたが、私にはさっぱり…も1人の方についても紹介していましたが、これまた私にはさっぱり

   ケンジくん   ケンジくん

最後は 失速
最初「ちょっと待って」と言った時、どした?て思ったの…なんだか貴重な場面に遭遇できた気がして、1人興奮していました(痛)
そんな歌詞が飛ぶアクシデントを乗り越え(笑)いつもの感情豊かな歌声を響き渡らせて、アコースティック・ライブは終わりました。^^

そして次はサイン会です!
(まだ続く(笑)

スポンサーサイト

コメント

Secret

Caution!
文中の訳は大雑把な意訳です。中文ど素人の人間が書いていますので大目に見ていただけると幸いです。また誤りを発見次第、遠慮なくご指摘くださいませ!速やかに訂正します(他力本願)
プロフィール

Yuzue.

Author:Yuzue.

広く浅く部分的に深く、かなりミーハーな愛猫家の音楽好きでブログの片隅にて自己満足の世界を築き上げるインドア派の岡山県民。

gremz
ブログ内検索
最近のコメント
リンク
カテゴリ
何維健(デリック・ホー)
応援コミュニティ@mixi
ばなー
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ネコ温度計
月別アーカイブ