Piano Trio Philosophy ~do YOU ride on No.66?~

今回は3ヶ月間に33公演、ほぼ全国を回るツアーです。
ツアーとは別にシンガポールも挟んだし…どんだけ強行突破やねん!てくらい、すさまじいツアーです

そんなワケでだと思いますが、ライヴ自体は少し短めでした。
なんぼ若いといっても、さすがにねぇ。

でも初めてWEAVERを見る人には、ちょうどいい感じもしました。
攻めの楽曲をコンパクトにまとめ、音だけの演奏も聞かせるし、ほのぼのした緩いキャラ全開のトークもあって、とても流れがよかったです。
初めて見た人も「また来たい」と思わせる内容だったと思います。

さて、まずは岡山公演に行きました。^^

整理番号も遅かったので1番後ろで見たのですが、多分キャパ以上に人が入ってたんじゃないかなぁ?
スタッフが「少し前につめてください」と何度も言っていましたけど後ろから見てて「もう無理やろ!」てくらい、まさに詰め込み!
最後には「まだ入れる気?!」て驚愕というか「これ以上どこに入れんの???」て感じでした。

これじゃ見えないよねー、て思って1番後ろから、まったり参加しようかな、て思ってたんです。
開演時間5分ほど押して暗転し、インストが流れ始めました。
明日は最前だし。明日見ればいいんだ~!と思いながら待っていると、3人が出てきたんでしょう、歓声があがりました。
全然見えない

ま、しゃーないわなぁ…あ?!
3人が定位置についたと思われる瞬間、私の真正面は実は真っ直ぐ綺麗に開けてまして!

こっちを見てる杉くんが!!!

ステージ上からの視線の高さと全く一緒だったんです!
右も左も見てない、真っ直ぐ正面を見てる杉くんがハッキリがっつりバッチリ(くどい)見えた瞬間「まったり」の文字はフッ飛びましたわ(笑)

どこを見てるのかはわかりませんが真っ直ぐは見てました。
でもね、私の顔を1日は覚えてくれてた(爆)
というのも次の日「昨日来てくださった方たちも…」と言ってた時、しっかり私と目があって微笑んでうなずいたんだもん!

妄想注意

残念ながら公演中、おっくんとべーちゃんが見えたのは皆無に近かったです。
最後に記念撮影をするんですけど杉くんの「もちょっとキュッと」の1言で少し前後左右つまったので、かろうじて3人揃ってるトコが見えましたけどね~
なんか癒されるぅ、この3ショット!

MCではインディーズの頃に岡山に来たことがあることに触れました。
今回とは別のハコですが、ちょっと懐かしんでいました。^^

そして岡山ということで杉くんが「きびだんごで連れてきましたよ」とニヤニヤ。
それに、おっくんが「誰が何なん?」と突っ込むと「え?」と焦り始めて。
更にべーちゃんが「わんわん!」と、めっちゃ可愛くお返事したもんだから、杉くんは更に挙動不審に(笑)
それを、またおっくんに「なに焦ってんねん」と突っ込まれる始末(笑)
杉くん的には「まさかのってくれるとは…」と、もぞもぞしていました。^^
「自分でふっときながら」と、またおっくんナイス突っ込み!

最初の方で杉くんが、まずべーちゃんに「どうですか?」とふると「たーのしぃ~!」と可愛く。^^
続いてふられたおっくんはべーちゃんの真似して「たーのしぃ~!」
あまりにも口調そっくりで爆笑でした。^^

今回は、より自分たちのことを知ってもらうべくQ&Aコーナーが。
質問はツイッターで募集され、それをおっくんの独断で選ばれた質問に答えます。

まずは普通に血液型。
おっくんとべーちゃんがO型で杉くんがA型なんですね。
いい雰囲気なのがわかるような気がしました(笑)

あと杉くんが高1の時はリーゼントだったとか。。。
お「だんだん、しぼんできて」
杉「今これで落ち着いてます」ニコ
少し前髪を切った感じでしたね、ちょっと可愛い感じでした。
でも杉くんは黒髪の方がいいなぁ~

「兄弟はいますか?ハイ、姉がいます」と言うおっくんに続いて杉くんは「兄です」べーちゃんは「姉です」
杉くんは一人っ子かお姉さんがいるイメージだった(笑)
逆に、おっくんはお兄さんがいるイメージでしたけど、べーちゃんはイメージどーり。^^

そして、オチを締めるおっくんのMC!
車の中でボタンを拾ったそう。それをミーティングの時、みんな揃うから「誰の?」て、えぇやつっぽく聞いたら杉くんがおっくんの袖のボタンじゃ?と言ったそう!(笑)

「かっぱえびせんはやめられますか?て、これ関係ないやん!」と、おっくんは言っていましたが、それを選んだのおっくんでしょ~!?
ちなみに3人とも「やめられる」そうです。^^


   びっくり 以下、セットリストを含みます びっくり



多分、こんなセトリだったかと…メモってたはずなんですけど(笑)
しょっぱなから勢いがついて全く見えないにも関わらずノッていた私です(爆)

   1) トキドキセカイ
   2) 愛のカタチ
   3) 心の中まで
   4) 白朝夢
   5) ひとつの人生
   6) 僕ときみのテーマ
   7) ネバーランド
   8) Letter
   9) 僕らの永遠
   10) 2次元銀河
   11) 管制塔
   12) 66番目の汽車に乗って
   EN) Shine

この中で特筆すべきは「ネバーランド」
前奏が、ものすごく素敵にアレンジされていて3人の音がハッキリと出て個性を主張しつつ、綺麗に音が絡まって、まさに音の竜巻がステージ上にできていました。^^

「ひとつの人生」は新曲です。
杉くんの曲なのかな?
杉くんは「Shine」から曲調が変わりましたね。少し影のある寂しい旋律が響く曲を書いていた人とは思えないくらい、まさに世界が開けた感じ。

その「Shine」では、うっかり(?!)歌うのを忘れてた模様(笑)
歌い出しが遅れて、やりなおし~(笑)
「ね、ライヴっていいでしょ?」てニヤニヤ言っていました(笑)

アンコールの前では、おっくんとべーちゃんだけが出てきて。
「あれ?1人たりない…」と言うおっくんに会場から「トイレ?」て(笑)

そして2人でやってみる?と、おっくんがキーボードの前に!
べーちゃんはベースを持って弾くふりだけでしたが、おっくんは「僕らの永遠」など、さわりだけとはいえ、ものすごく上手に弾いてくれました!!

そこに杉くんがニヤニヤ登場。
「もう…勝手に触らないでくれる?」てニヤニヤしながらタオルで、ふきふきしてました(笑)
杉くんはキーボードに落ちた自分の汗も、ふきふきしてます。^^

で、このあと感動しているなどのMCに続いて歌い出しが遅れるというハプニングが起こるのでした(笑)
最後にも「ライヴならではの出来事」とニヤニヤしながら言っていました。^^

あ、そうそう。

2人だけでやってみる?て言った後に会場は盛り上がったんです。
それについて杉くんが「ちょっと寂しかった」と、すねてました(笑)
めちゃくちゃ可愛かった~(爆)

スポンサーサイト

コメント

Secret

Caution!
文中の訳は大雑把な意訳です。中文ど素人の人間が書いていますので大目に見ていただけると幸いです。また誤りを発見次第、遠慮なくご指摘くださいませ!速やかに訂正します(他力本願)
プロフィール

Yuzue.

Author:Yuzue.

広く浅く部分的に深く、かなりミーハーな愛猫家の音楽好きでブログの片隅にて自己満足の世界を築き上げるインドア派の岡山県民。

gremz
ブログ内検索
最近のコメント
リンク
カテゴリ
何維健(デリック・ホー)
応援コミュニティ@mixi
ばなー
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ネコ温度計
月別アーカイブ