台北へ

同じ大韓航空ですが仁川空港で乗り継ぎ、ほとんど日本人がいないような便で全く日本語は聞こえませんでした。
機内アナウンスも英語、中国語、韓国語の順だったかなぁ…私たちの周辺は、ほとんど大陸人のようでしたけど。

   機内食

数時間前にも食べたけど(笑)再び機内食です。^^
今度はフライト時間も長いので、がっつりめの内容でチキンパスタ。
もちもちしたパスタで美味しかったけど、なんせくっついてるからね~
細めのきしめんみたいでした。^^

びゅーん、と桃園空港に到着したものの、しばらくして飛行機は止まりました。
でもベルトサインは消えない。アナウンスもない。
どした?と思っていると少し前に座っていた大陸人のオバちゃんが勝手に立ち上がって荷物をおろそうとした瞬間!

「小姐!!」

客室乗務員さんの、ものすごい叫びに皆さん凍てついてました(笑)
更に「お座りください!」と、ものすごい剣幕で走ってこられて、ますます皆さん凍てついてました(笑)
そして、しばらくシーンとしていました(笑)
私も一瞬ビックリしたけどオバちゃんにも「小姐」て使うのか、とメモメモ(違)

結局、ちょっと早く着いちゃって準備できてない、というオチ(笑)
機長さんからの「10分ほどお待ちください」のアナウンスに、どんだけ~!

フリーツアーだったので、外に出るとメガネをかけた若い男性のガイドさんがニコニコ待っていらっしゃいました。
このガイドさんが、ちょっとニコラスくん似で!(笑)
ニコラスくんばりの可愛い喋り方ではないけれど、すっごく柔らかな口調で動きが可愛いの!!

私たちはIACEで行ったけど後から合流していたのは阪急の人たちのようでした。
今回の現地旅行会社、旅工房で行った時も同じで、HISもココ。
もらったガイドブックが同じだったからそうだと思ったけど、念のため、ぐぐると3社あるんですね。同じとは言い難いか。

他の人を待つ間、のどが渇いたのでミニッツメイドのオレンジを飲みました。
今はエラちゃんと、じろさんが代言人やってるんですね。^^
個人的な感想はミニッツメイドというより、こつぶの少し甘い版(笑)

ガイドさんも言われてたけど、たくさんの人を引き受けるから時間を無駄にしないよう手分けして、どんどん分裂していきます。
今回も、まず免税店までは30人くらいで移動したけど、そこから先は宿泊場所によって乗る車が分かれました。

最初に連れて行かれた免税店では40分ほど時間が与えられ、そこで両替。
空港より、ほんのちょびっとだけレートが悪かったけど手数料不要なのでトントンかな?
つか、この中に両替所があるのを初めて知りました(笑)

入口から真反対の1番奥にあるんだけど、これが香水売り場の隣だから強烈なニオイの中で待つことに(笑)
両替金額を書き込んだ紙と入口で渡される割引券みたいなのとパスポートを渡して両替完了。

そしてガイドさんとは別れて、他の皆さんとホテルへ移動しました。
今回も(!)泊まったのは山水閣(笑)

チェックインが終わった後、なんか申し訳なさそうに「ツインが用意できませんでした」と言うので焦りましたが、その代わり違う部屋を用意したのでごめんなさい、という話。
部屋があるならいいよー、と平謝りのスタッフさんからカードキーを受け取って、その部屋番号へ向かいました。
えっと…あれ?角部屋?え?ということは?!

やったー!!!

   部屋

まさかの4人部屋(笑)
ダブルかも?て思ったけどラッキー!
結局、私ここに3度泊まって、このタイプの部屋以外を知らないんですけど(笑)

   アメニティ

相変わらず必要最低限しかありません。
ハブラシとカミソリ、1回分のシャンプー&コンディショナー&ボディーソープとセッケン。
ボディーソープを使ったチホの感想は「まぁまぁ」

ティッシュは置いて欲しいなぁ。
あ、スリッパがビーチサンダルもどきから普通のスリッパになっていました!
不評だったのでしょうか?(笑)

スポンサーサイト

コメント

Secret

Caution!
文中の訳は大雑把な意訳です。中文ど素人の人間が書いていますので大目に見ていただけると幸いです。また誤りを発見次第、遠慮なくご指摘くださいませ!速やかに訂正します(他力本願)
プロフィール

Yuzue.

Author:Yuzue.

広く浅く部分的に深く、かなりミーハーな愛猫家の音楽好きでブログの片隅にて自己満足の世界を築き上げるインドア派の岡山県民。

gremz
ブログ内検索
最近のコメント
リンク
カテゴリ
何維健(デリック・ホー)
応援コミュニティ@mixi
ばなー
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ネコ温度計
月別アーカイブ