桃園へ!

次の目的地、桃園へ向かうべく、台北駅に来ました。

機械で間違えずに買う自信はないので(笑)おとなしく窓口の列に並んで待つことしばし。
自強號は料金が區間車の2倍するけど、桃園までなら各駅停車でも時間はそう変わらないので區間車で行くことにしました。
片道150円とか、そんな感じだったかと…なので自強號でもしれてるんですけどね(笑)

往復分の切符が欲しかったので窓口の人に「台北→桃園 區間車 2張」と「桃園→台北 區間車 2張」と書いたメモを見せると片道だけくれたので「これも欲しい」とカタコトで言うと切符をくれた後に、なんと時刻表を見せてくれました。
「?」と思っている私たちに「今からならこの時間に乗れるよ」と指差してくれて!
なんて、ご親切な。。。

一応、臺鐵HP から印刷して持って来ていたので、ありがとう、持ってます!と見せると「オォ!」

少し時間が早かったので駅周辺をブラブラして午後5時くらいに乗りました。
発車時間ばっかり見ていたので完全に思い込みで、その電車に乗りました。
また乗車口の電光掲示板が、なぜかついていなくて…大丈夫かな?と多少の不安はありました。

それが的中することに!

のどかに話をしていたものの、なんだかおかしいぞ?
30分ほどで着くはずなのに「桃園」というアナウンスがない。
おかしい!と思ったのは45分以上が過ぎた時点。

どうしよう、と焦る私にチホは「誰かに訊く?」と簡単に言うけれど、私にそこまでの会話力はない(爆)
でも電車は、どんどん進んでいくので焦ったチホが前に座っていた女性に「すみません!」と切符を見せながら日本語で訊きました(笑)

彼女は声をかけられてビックリして、更に私たちの切符を見て「えぇ?!」とビックリ。
何か焦ったように、めちゃめちゃまくしたてられたので「書いてください(中)」と渡すと「下一站下車」
次の駅で下りろ?

「次の駅って何て駅?」て思わず英語で尋ねると、こちらの言っていることはわかったようで書いてくれたのが

基隆

オチわかりましたね(笑)
でも、まだ私たちは気づいていません(笑)

基隆って…あれ?宣蘭の方??
いやいや、私たちは桃園方面へ来たんだから(完全なる思い込み)
今、どこにいるんだ???

?いっぱいで混乱している私に彼女は「基隆再轉車」と見せながら何か言ってきました。
混乱していたので聞き返すと「一緒に来て(中)」と言われて「え?連れて行ってくれるの?(英)」とビックリした私たちに彼女は「うん」

終点の基隆で彼女は私たちが乗るべき電車を見てくれて「これに乗って」と教えてくれました。
謝謝你!とは言いましたが、もっとうまく感謝を伝えられたらいいなぁ~
ホントに感謝の気持ちでいっぱいでした。

結局、乗ってきた電車が、そのまま折り返し桃園行きに。
午後6時には桃園の会場に着く予定が、まだ基隆に…(笑)

めちゃめちゃ不安になったチホが「ホントにこれでいいの?」とか「何駅で着くの?」とか「誰かに訊いた方がいいよ」とか、うるさく言い出して(爆)
しゃーないなぁ、と前に座っていたオジさんにカタコトで訊きました。
「桃園に行きたいんです」と切符を見せた瞬間、これまた驚かれました(笑)

このオジさんが、また親切な方でして!
つか、よっぽど私たち危なっかしかったと思う(笑)
このオジさん、たまたま時刻表を持っていて「乗ってるのは、これ」と時間を指してくれたんです。

更に、たまたま乗っていたのが1両目で車掌さんがいたんです。
なので車掌さんに「あそこの2人は日本人で桃園に行くらしいから桃園で声をかけてやって」と言ってくださって!
すみません~

しかも今度は電光掲示板がついてるという(笑)
初めて見ましたが臺鐵って車掌さんが鍵でドアを開け閉めしてるんですね。^^

こうして、台湾の人たちの優しい救いにより、なんとか無事に桃園に着きました!
あ、我々が逆方向に乗っていた、と気づいたのは「次が台北」という時(笑)

駅前なので、どんどんタクシーは来ます。
乗り場で待っていると2人前の人がタクシーに乗ってドアを閉めたものの、またおりたんです。
そして次の人がタクシーに乗り込んで。
???と思いながら見ている私たちに今度は運ちゃんが何かを言ってきたので、なんかわかんないけど「ノー!」と返事しておきました(爆)

そして次のタクシーがきて、その前の人を見ると「どうぞ」というゼスチャーをされたので、また「?」と思いながら乗りました。

運ちゃんに「ココ行ってください!」と書いたのを見せると「不看」←車内が暗いから
ンな、なんですと?!
しゃーないので「台茂!」て言うと「あ?」
「たいーもぉ~!」て言うと「おー、たーいーもぉー」
これを何度か繰り返して…遊ばれとるわ(笑)と思いながら。
もういいから早く行ってー!(笑)

人懐っこい運ちゃんで「お?日本人?」うん、日本人です
「ドコから来たの?東京?」だーばん
「あ?わかんない」大阪
「おー、大阪!横浜~♪静岡~♪信州~♪」と地名を挙げ始めた運ちゃん…ヤケに詳しい(笑)

途中、何を言ったかよくわかりませんが、うん、と答える適当な私…(爆)

「台茂にはゴハン食べに行くの?」には「う、うん(苦笑)」と答えました。
まさかショウくんの桃園簽唱會に行くとか言えませんからね(爆)
運ちゃんは「ごはん、ごはん~」と妙な歌?を歌っていました(笑)

桃園駅から台茂まではタクシーで約20分でした。
200元ちょいくらいだったかな?

そして今度は帰り、うまいことタクシーを捕まえられるか?と思ったものの運良く正面にタクシーが来ていたので乗りました。
運ちゃんが「桃園すてーしょん」に続けて何かを言いながら出発したものの途中で車を寄せられて何か言われました。
あ!臺鐵か高鐵かって聞いてるんだ!と悟って切符を見せました。
ん?と切符を見た運ちゃんはビックリしていました…今から駅に行って終電に間に合うのかよ!て思ったのかも(笑)

ちょうど自強號が来ててチホが「乗ろう!」て言うので、この切符じゃ乗れんわ、て言うと「料金を払えばいいじゃん!乗ろ!」と乗りました。
どうやって料金を払うんだろ…とドキドキでしたが最後、改札で引っかかって窓口で料金を払って出ました。
ちゃんと最後で引っかかるようになってるのね、なるほどー

臺鐵も2度目で、ちょっと慣れたかな?
教訓:確認して乗るべし(笑)

こうして台北駅に戻り、なんとか地下鉄にも乗れて無事にホテルまで戻りました。
戻ったら午前1時前でしたけどね(笑)

ちなみに、この日は昼に飲んだアイスコーヒーが最後でした。。。

スポンサーサイト

コメント

なんて珍道中な

次は台北駅で 気づくって・・・・ 腹が痛いです。

よぐさん

ハハ。^^
痛いのが頭でなくて良かったです(笑)

No title

桃園に向かうはずが基隆?!

確かに方向違うなと思って

も一回地図見てみたら真逆だった(笑)

台湾の方たちの親切には毎回助けてもらってるよね、私達の時も。

ほんとありがたいよねi-237

LaLaちゃん

どこにいるのかわかんなくてね~
「これじゃ間に合わねー!」て焦ったよ(違)

ちゃんと確認して乗らないといけないね(笑)
Secret

Caution!
文中の訳は大雑把な意訳です。中文ど素人の人間が書いていますので大目に見ていただけると幸いです。また誤りを発見次第、遠慮なくご指摘くださいませ!速やかに訂正します(他力本願)
プロフィール

Yuzue.

Author:Yuzue.

広く浅く部分的に深く、かなりミーハーな愛猫家の音楽好きでブログの片隅にて自己満足の世界を築き上げるインドア派の岡山県民。

gremz
ブログ内検索
最近のコメント
リンク
カテゴリ
何維健(デリック・ホー)
応援コミュニティ@mixi
ばなー
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ネコ温度計
月別アーカイブ