Piano Trio Philosophy ~do YOU ride on No.66?~

   チケット

先月あった大阪2日間の2日目に行きました。^^
整理番号が66番で、ちょっと嬉しかったりして(笑)

初めての梅田クアトロ。
1F、中2F、2Fって感じで、画像 をみてもらうとわかりやすいと思います。
中2Fの最前にカウンター、後方に座席がありました。

真っ直ぐ長方形で、あの邪魔だった柱もありませんでした。
あの柱さえなければ個人的には心斎橋の造りの方が好みです。

オープンして間もないので綺麗ですが個人的には2度と行きたくないハコでしたね~
とにかく揺れます。
WEAVERで、あの揺れってことは、もっと激しい、それこそモッシュするようなバンドだと床が抜けるんじゃね?(笑)
私は中2Fにいたので、中2Fだから揺れるのかと思っていましたが、おっくんも「ステージも少し揺れた」て言ってて、べーちゃんに速攻で「集中してないんじゃない?」て突っ込まれてましたが(笑)
でも、おっくんは結構マジ顔でサラリと言ったので間違いないでしょうねぇ。
ちょっと~!ステージまで揺れるって…大丈夫なの?!

更に!

まだ5月だから油断していたのか…入るなり、ちょっと会場が暑い。
暑がりだから、しゃーないか…と思っていたのですが、皆さん「暑い」と口々に言われていて「倒れる人が絶対でるわ」
それが現実に…まだ始まってもないんですよ?
さすがに、そこからは急激に涼しい風が上からきましたけど…おかしいでしょ??
いきなりスタッフさんが「気分の悪い方いらっしゃいませんか?」と声をかけ始めましたけど…ちょっと遅いでしょ???

   ばっち

またしても買ってしまいました(笑)
地元は欲しいなぁ、と思っていたので開けて見た時には、めっちゃ嬉しかったです。^^

さて。

前の方で見ようかと思っていましたがチビなので下手に前へ突っ込むよりは、と後ろで見ました。
全体的によく見えて、中央なので音もよく、3月の時よりも完成度があがったのが感じられました。
演奏は2年前に初めて見た時にもキッチリしていましたけど、なんていうかな…より息があって、少し余裕も垣間見えました。

とはいえ、まだまだ彼らは成長しますね。^^
杉くんのピアノは完成度が既に高かったけど、ちょっと余裕がうまれたことによって演奏も柔軟になったように感じました。
おっくんも安定はしてたんだけど、やっぱり上手くなったと思うし、ベースを使い分けるようになって音の幅が広がった感じもしました。
べーちゃんも、よりしっかりしてきたし。
まだまだ先が楽しみなバンドです。^^

中2Fの最前列だったので、さすがにボケーと見てると目立つかな?と思って、ちょっとだけ周囲にあわせましたが…正直なとこ、関係者席となっていた座席に座って、いい意味で混じり合わない音をじっくりと聴きたかったです。
いいバンドだなぁ、と、しみじみ感じました(笑)

相変わらず、おっくんのQ&Aは爆笑でした。^^
つか、この時おっくん1人で、ほとんど喋ってたような(笑)

「最近、べーが冷たい」に始まり「あれからやろ?ミッキーのパンツはいてるのバラしたやからやろ!」に、べーちゃんは、恥ずかしい~!とうつむいて両手で顔を隠すし。
更に続けようとしましたが「ホンマに怒るから、やめとこ」と、お怒り気味なべーちゃんの様子を見ながら苦笑していました(笑)

続いて「時々、変なスイッチが入る」杉くんネタ(違)に。
ニヤニヤしていた杉くんは「!」て感じで、こそこそーとべーちゃんの後ろの方へはけていきました(笑)
おっくんの話が続く間、杉くんは隠れてました。^^

インディーズの時のライヴで、お客さんもまばらだし、自分たちも慣れてないから引っ張っていくこともできなかったそうです。
そこで杉くんは何を思ったか、いきなり

「踊れ~!るんるん

と叫んだらしい(笑)
「その後、バシッ!とカッコよく演奏したらえぇんですけどね」
かなりハデに間違えて、お客さんも困惑した、というオチでした(笑)

出てきた杉くんに「変なスイッチ入るよね」とニヤニヤしている、おっくん。
反撃をしようとする杉くんに、おっくんは「この間、山梨でイチゴ狩りに皆で行ったんですよ」と追い打ち。
そこでイチゴ大好きな杉くんは興奮のあまり、帰りの車で「いきなり「おっととっと夏だぜ」歌い始めよって」
苦笑する杉くんに「時々、変なスイッチ入りよんねんな」と微笑むおっくんでしたが杉くんの「覚えとけよ…」で話を締めました(笑)

曲順が3月とは少し替わっていました。
「Shine」がアンコールから真ん中へんかなぁ、に替わってた。「つよがりバンビ」はアレンジがグレードアップしてて杉くんが足でキーボードを弾くという演出が(笑)
弾くというか、つま先でツンツンするような感じでしたけど(笑)
あと「管制塔」は杉くんがハンドマイクで、ちょろちょろしたと思います。

今、彼らができる最高のパフォーマンスをやりましたね。
先にも書きましたが杉くんの歌唱力が劇的に安定してきたので、もげなくなるのも、そう遠くないかも。

公式で 66番目の汽車に乗って が公開されました。
この曲はBメロが秀逸で(笑)
個人的には最後のベース、ピアノ、ドラムと順番に音が絡んでいく部分がすごく好きです。^^

ライヴ音源が コチラ で配信が始まりました。
あれ?こんだけ??
「Shine」がないー!

曲数が少ないのも残念ですが、少し音が整えてあるような?
臨場感はありますけど、もっと熱くて、もっと荒っぽい感じもあったので、そのあたりも期待していたのですが…というか、やっぱりそのままは音が雑か?

プレーヤーを持っていると全曲試聴できます。
「ネバーランド」が、わたくしのイチオシでございます。静かに始まり、どんどん盛り上がってくるんですけど、一瞬の間を置いてスッと歌に入る部分の、どんどん盛り上がる手前くらいまでが試聴できます。
もう「ネバーランド」だけ全曲試聴にしてもらいたいくらいです!(爆)

どんどん盛り上がってくる部分が、ぐいぐい胸に迫ってきて感動したなぁ~
試聴でも、あの感動がよみがえってきて、ぐっときます
WEAVERを知ってて良かった…!と思った瞬間でした。

個人的に音楽のダウンロードが好きじゃないので、あいちゅーんにリンクが繋がってしまうと今まではサッサと諦めたのですが(爆)さすがに今回は入れました…うぅ
つか、いつまで使うかわかんない機械の中に、どんだけプレーヤーが入ってるんだか(笑)

とりあえずネバーランドだけ買おー、と思ったら単曲の方が高いやんか!

スポンサーサイト

コメント

Secret

Caution!
文中の訳は大雑把な意訳です。中文ど素人の人間が書いていますので大目に見ていただけると幸いです。また誤りを発見次第、遠慮なくご指摘くださいませ!速やかに訂正します(他力本願)
プロフィール

Yuzue.

Author:Yuzue.

広く浅く部分的に深く、かなりミーハーな愛猫家の音楽好きでブログの片隅にて自己満足の世界を築き上げるインドア派の岡山県民。

gremz
ブログ内検索
最近のコメント
リンク
カテゴリ
何維健(デリック・ホー)
応援コミュニティ@mixi
ばなー
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ネコ温度計
月別アーカイブ