続・高雄簽唱會

   ケンジくん

3曲歌った後、さっさとサイン会が始まりました。
コチラ、サイン会の様子。
最初は金ペンでサインしていたのですが途中から銀ペンでサインしていました。^^

実は、ちょっと人が少なくてですね…後援会の方々が30人以上いらしたと思いますが、それ含めても現場には100人ちょいいるかな?て感じに見えました。

だからこそのメリットが!
これ私のヨミどーり!

めっちゃ自由(笑)

好きなだけケンジくんと喋ってる人、違う物にサインしてもらってる人、一緒に写真撮ってる人!
ケンジくんも相手が喋ってれば受け答えするし、出された物にサインするし、撮影時にはニコッ。
何枚も撮ってもらってる人もいて…ホント自由!(笑)

   ケンジくん

ショッピングモールの中とはいえ、ケンジくんはライトをあびるので暑いみたい…スタッフさんたちがケンジくんをうちわであおいでいました。
こめかみ辺りから汗が流れているケンジくんも、これまた美しい!(爆)

途中、後援会の方々が多分、ケンジくん頑張って~!みたいなことを言ってたんだと思いますが声をかけていました。
それにケンジくんが時々、応えて…両手でマイク握ってるのが可愛い(笑)

   ケンジくん

でも、お疲れ気味のケンジくん(違)

   ケンジくん

サイン会が始まるとステージ前は、ごった返しました。
列に並んでいたつもりが全然違ってたりとか…どれや?て、うろうろしながら適当に列に入り込んでサインもらいました。^^
わたくしのサイン会の出来事は長いので最後に。。。

   ケンジくん

サイン会の後、ケンジくんのご挨拶が始まりました。
次の場所でケンジくんを待っている後援会の方々に手を振ったと思います。

   ケンジくん

何か、ちょっと歌ったトコ。
嬉しい気持ちを歌に?みたいな感じ?
この時のケンジくんの、すごく嬉しそうな感じが、すっごく可愛かったです。

   ケンジくん

この後も何か延々と1人で喋り続け…

   ケンジくん

私には何を喋っているのか、さっぱりわかりませんでしたが(悲)皆さんは爆笑していたので、お茶目に喋っていたのではないかと。^^

最後、集中撮影時間が10秒設けられて簽唱會は終わりました。

   ケンジくん

サイン会が終わった後は少し横に寄って、コメント撮りみたいなのをやっていました。

   ケンジくん

個人的なサイン会での記録。

私の前はカップルで彼女がケンジくんに、めっちゃアピールしてて長かったの!
メッセージを書いたデカいボードをケンジくんに見せながら何か懸命に喋っててケンジくんも、うんうん、て聞いて、見せられたメッセージを読んで「謝謝」て言ってたんだけど…多分、そのボードをあげる、て言ったんだと思います。
彼女がケンジくんにボードを差し出した、その瞬間、ケンジくんは「え?!」て明らかに驚いて、ちょっと引いたように見えた(笑)
私も横から見てて、ちょっとビックリ…でも、困惑気味な笑顔のケンジくんがおかしかった~(笑)

で、まだ喋ってる彼女。
それを横から見ている彼氏の心理は一体…と、それを横から見ている私(笑)

まだかなぁー?てボーとしてたら彼氏の抜けるのが恐ろしく早くて、すぐ私の番。
あんまりにも早くて一瞬、順番が来た事に気づかないという失態!

まだ心の準備ができていない私にケンジくんは、こっちを見てニコリとしてくれて…ど、どうしよ!なに言おー!と一気に焦った次の瞬間、めっちゃ冷静になった私(笑)
「そうだ!よぐさんが日本人をアピールすべく日本語で挨拶をするって書かれていたな!」と思い出し、ケンジくんに「こんにちは、ケンジくん」と言うと、この瞬間まで埋もれていた日本人の存在に全く気づいていなかったケンジくんは「こんに」くらいの時点で「オ!」
日本人きたかー!て感じでニヤッとしました。^^

まず私の予約版の写真集にサインをしてもらい、「謝謝」と握手をしてくれたケンジくん。でも私は次なるミッションがあったので、上の空で…握手してもらった感覚ゼロという(笑)

祈る気持ちの私の前で次を見たケンジくんは「オ?!?」
なんだ、こりゃ?!て感じで笑いながら、よぐさん伝授の貼ってある名前フセンを見ました。
その隣にいたスタッフさんが「あなたの名前は、どれ?」て多分、英語で訊かれたのかなぁ。
私の分もあったんだけど、ここは話を盛った方がいいだろう、と判断(違)
「全部、友だちの!」て英語で言うとスタッフさんもケンジくんも驚いたけどケンジくんは、ちょっと嬉しそうでした。^^

ケンジくんは名前を書き慣れてないとみた(笑)
特に苦労したのが私の(笑)
なんて読むんだ?て雰囲気で明らかに「???????」て感じの表情で1文字ずつスペルを確認しながら、ちょっと書くのに時間がかかってた(笑)
1文字を確認する→1文字を書く→その1文字を確認する、て感じで、たどたどしく書いてる姿が愛らしかった(笑)
「z」も多分、普段ケンジくんは斜めに線を入れないんだと思うんです。書いたあとに確認で見ると私が斜め線を入れていたのでケンジくんも付け足しのように入れてくれました(笑)

最後の「e」なんて普通、下から上へ半円を書くと思うんですけど、なぜか上から書いたケンジくん。
あ、間違えた!て感ありありで(笑)
でも、なんとか修正…ちょっと変なトコが飛び出てる「e」だけど(笑)
ホッと一安心の表情でした。^^

   ジャケ

この時までケンジくんに渡そうと思ってた手紙を持ってた私。
スタッフさんがサインがこすれないようCDを並べてくれてたのを見て、受け取らなきゃ!と手紙をほったらかしたと思われます。

次の瞬間、ニヤニヤしながらケンジくんが、あの綺麗な腕をのばして、その手紙をずるずると自分の方へ引き寄せてて!
どんな状態で、ほったらかしたか記憶にないんですけど気付いた時にはケンジくんが手をのばして引き取ってくれているトコでした(笑)
そして自分の右隣に置いて引き取り完了状態(笑)
あ!と気付いた時には「謝謝!」と、また握手をしてくれて…あったかくて柔らかい手でした。^^

この時、初めてケンジくんとバッチリ目をあわせた私。
真っ直ぐ私を見てくれるケンジくんの瞳は、とっても明るくて「ありがとう!」が伝わってきました(妄想)

もうクラクラ状態で「あ、ありがとう!」と言うのが精一杯で…そして1歩進んだものの、この瞬間、思い出した!
ケンジくんに「会えて嬉しい」て言おうと思ってホテルで練習してたの!(爆)
1歩さがって、わたくし渾身の1言「我很高興!」 ←これだけ言うのが精一杯だった
それにケンジくんは「オ!!」と、ちょっとビックリ気味にニヤッとして…手をあげたか、手を振ってくれたか記憶が。。。

そしてスタッフさんの誘導に従って出ました。
無事、サインがもらえて良かった…と思った記憶はあるものの、もうガクガクで持ってたCDを落としそうでした(爆)
とりあえずベンチでCDしまおう、とガクガクしながら(怪)なんとかベンチに座ったものの…もう嬉しいやら、泣きそうやら、今更ながら心臓が飛び出しそうで、とにかく手が震えすぎて非常に怪しい人に(笑)

まぁ、しばらくしたら落ち着いたので、ケンジくんを撮りに再びステージ前へ戻るのでした(笑)
そしてココでポスターにサインしてもらうのを忘れてた事に気付いて、ちょっとへこむのでした…

スポンサーサイト

コメント

名前フセン

日本語あいさつ&名前フセンが役立ったようで良かったです!
十分にケンジさんの熱い眼差しと目と目で。 うらやまし~!

いろいろとありがとうございました!

よぐさん

こちらこそ伝授ありがとうございました!^^
日本人ファンが複数いるのはアピールできたと思います(笑)
ほのぼのと首尾よく進んでいただけにポスターが悔やまれますが。。。
Secret

Caution!
文中の訳は大雑把な意訳です。中文ど素人の人間が書いていますので大目に見ていただけると幸いです。また誤りを発見次第、遠慮なくご指摘くださいませ!速やかに訂正します(他力本願)
プロフィール

Yuzue.

Author:Yuzue.

広く浅く部分的に深く、かなりミーハーな愛猫家の音楽好きでブログの片隅にて自己満足の世界を築き上げるインドア派の岡山県民。

gremz
ブログ内検索
最近のコメント
リンク
カテゴリ
何維健(デリック・ホー)
応援コミュニティ@mixi
ばなー
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ネコ温度計
月別アーカイブ