Solo Debut 10th Anniversary LIVE

   そと

私は、びーさんが知ってるだろうと思っていたのですが、びーさんも私が調べてきてるだろうと思ってたらしく…ま、そこは文明の利器で乗り切りました(笑)

着くと既に開場していて、私の持っているAは既に入場が終わっているらしくBが呼ばれていたので、すみません、すみません、と遅れてきて人をかきわけながら入場(汗)
番号で席が決まっているのかと思っていたのですが、なんと自由席!
まだ前が空いていたので前に行ったのですが、空いてる理由がわかりました…後ろ半分は背のついたイスなんだけど前は背のない丸椅子。
後ろでいいね(笑)

後ろからでも肉眼で十分ハッキリ見えました。^^

3時間以上やる、と予告はされていましたが途中20分の休憩を挟んで結局4時間近くやったんじゃないかな…もう最後は声がかれてたというか、もうホント声がかれるまで歌ってくれたというか。
最後は声がかれても楽しそうに歌い続ける姿に、ぐっときて不覚にも泣きそうでした(笑)
ま、途中も何度かゾクッときたのですが…「旅人たちへ」はかなりきたかなぁ、こんなしょっぱなからどうする!て自分でも思ってこらえました?!
今日のライヴよかったなぁ、と思ったことは何度かあったけど、うわーとこみあげてきたのは10年で初めてかも。。。

声が出ないことに「こんなことじゃいけないんですけどね、次回は歌えるようにしておきます」と言われていました。

   チケット

SEは「ripple」ときた!
あー、懐かしいなぁ~、と当時のいろんな思いがこみ上げてきました。

このライヴに際し「聴きたい曲のアンケートをやっていたんですけど…答えた人!」に挙手したのは、まばら。
「意外といないな…」と苦笑気味でした(笑)

もう1曲目からズバーン!と声が真っ直ぐ届いてきて。^^
無意識だと思いますが途中何曲か鼻に抜けてるのがあって残念だったのですが…特に「オレンジ」とか(笑)
「オレンジ」は私も聴きたい曲に入れましたけど、あぁ…惜しい!
聴きたいランキングの、かなり上位につけたそうです。^^

「オレンジ」も人気高いけど、1位はやっぱり「if」
逆に「if」は良かった。いつぞやはコーラスが入ってて残念だった「if」
あの時は浅岡さんがすごく良かっただけに、ものすごく残念だったけど今回は浅岡さんとピアノだけ。^^
そう!こうゆうバージョンが聴きたかった!!

今回のドラムは、ちぇりさん。
もう、この人の安定・的確さに慣れてしまってホント落ち着くわ。
小橋さんのに似てる、ていうのもあるんだけど。

今回のライヴ良かったなぁ、というよりも、なんだろなぁ。他の皆さんは「感動した」と感想を書かれていたけど、まぁ、確かに「感動」したのかもしれない。でも「感動」という言葉も少し違う気がする。
なんだか、しっくりくる言葉が見つからない…と思っていたらタイトルの言葉が、しっくりきた。
「マダイロアセナイ」

Set List

   1) ウタハトビラヲアケテユク
   2) Re:start
   3) 自由な足跡で
   4) 希望という名の空を見上げて
   5) 旅人たちへ
   6) Only Lonely
   7) オレンジ
   8) Horizon
   9) 未来の地図
   10) あの日の少年
   11) メビフォエバ
   12) ダウト

 --- 休憩 ---

   13) if
   14) らびゅう
   15) ヒカリ
   16) Anniversary
   17) Tiny Love
   18) 七色
   19) TimeMachine
   20) FLY
   21) Never stop for new day
   22) missing piece
   23) メドレー
    -1 Emotion
    -2 儚き歌
    -3 Life goes on
   24) Stand Up ~革命ノ歌~
   25) ZERO
   26) キミガセカイヲカエテユク

  EN-1) 突然
  EN-2) コトノハ
  EN-3) ウタノチカラ


「Re:start」なんて、しばらくライヴで聴いてなかったから、なんだか新鮮な感じと当時の複雑な気持ちとが蘇ってきて…やっぱり複雑な心境の残る歌だったわ(笑)

同じく久しぶりに感じたのが「Horizon」
「Horizon」はホント瑞々しさあふれる曲で虹を飛び越えていくようなイメージでスキな1曲です。^^

1曲意外だったのが「Life goes on」
まさかのグランセイザーの方で一瞬、固まったわ(笑)

休憩時間にはビデオが流されました。
テレビに出た時の裏側とかレコーディング風景とか…そのレコーディング風景の中の1曲が「Evergreen」だったの!!
あぁ、めちゃくちゃスキなやつーーー!!!と1人もそもそしていました(爆)

そして浅岡さんが出てきた時に、皆でピンクのサイリウムを振りながらお祝いしました。^^
驚いている浅岡さんに、今度はミュージシャンお友だちからのビデオメッセージが流れ始めました。
先生は「最初から彼の事を「船長」て呼んでるんだけど」理由は秘密だそう。^^
更に「全然爽やかじゃない」とか核心をついた発言の連続に爆笑!
そして小橋さんったら自己紹介で「FIELD OF VIEWというバンドにいました」て!(爆)
「彼は褒めるてのびるタイプなので「浅岡さん素敵!」と褒めてあげてください」と言っていました。^^

浅岡さん、ちょっと泣いてたけど全然崩れなかったなぁ。
それどころか、もう歌声大爆発みたいな。^^

アンコール2曲の後だったかなぁ、ステージ脇から「浅岡くん、おめでとうー!」と誰かが花束を持って駆けてきたの。
一瞬、誰?!て思ったけど、なんと!なんと!!徳ちゃん!!!
浅岡さんと、がっつり抱擁してキスまでしてるし(笑)
そして徳ちゃんも一緒にやるのかと思いきや、バンドメンバーの皆さまと一緒に引っ込んで。。。
え?このためだけに来て、ずっと控えてたの??なんてイイ人なんだ…! エーン

最後は「ウタノチカラ」
これを最後に聴くのも久しぶり、ここンとこ「コトノハ」が続いてたからね。
声がかすれてたけど、なんていうかな…もう強引に歌いきった、というか。でも、そんな無理してるとか声が出ないのを気にしてる風は全くなく、逆に浅岡さんは、とてもいい表情をしていました。
そのかすれ具合も、とても心に響いてきた歌声でした。

スポンサーサイト

コメント

Secret

Caution!
文中の訳は大雑把な意訳です。中文ど素人の人間が書いていますので大目に見ていただけると幸いです。また誤りを発見次第、遠慮なくご指摘くださいませ!速やかに訂正します(他力本願)
プロフィール

Yuzue.

Author:Yuzue.

広く浅く部分的に深く、かなりミーハーな愛猫家の音楽好きでブログの片隅にて自己満足の世界を築き上げるインドア派の岡山県民。

gremz
ブログ内検索
最近のコメント
リンク
カテゴリ
何維健(デリック・ホー)
応援コミュニティ@mixi
ばなー
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ネコ温度計
月別アーカイブ